横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

家族で仲良く家造りが出来ない?|イライラMAX症候群の巻PART2

 
家族で仲良く家造りが出来ない?|イライラMAX症候群の巻PART2
この記事を書いている人 - WRITER -

前回記事
家族で仲良く家造りが出来ない?|イライラMAX症候群の巻
ちょっと前にイライラMAX症候群についてのブログを書きました。
そしたら、ちらほらとね。
あちらこちらから、気になる方が多いみたいなんですね。
なので、早めに更新をする事にしました(笑)
さて、イライラMAX症候群。
なぜ起きるのかを前回は更新させて頂きました。
その対策はどうする方法が良いのか?
常にストレスが無意識の状態で掛かっているのですから、ストレスが掛からない様にする事が一番。
簡単に言うと、イライラMAX症候群の人が本気で楽しいと思える事をする!
と、言う事に尽きると思います。
ごくごくシンプルな説明をすると、こんな感じで良いのではないでしょうか。
ここで素直に本気で楽しいと思える事を出来る方は、特にどうこう無いんです。
好きな事をやっていれば、イライラも起きませんしね。
でも。
『好きな事って言っても、そんな事したら。。』
とか。
『好きな事って言われても、そんなの無いし・・』
とか。
『自分の為に、そんな事をしたら時間もお金も勿体無いし・・』
って感じになってしまう場合は。。
さぁ、どうすっか。
ここでイライラMAX症候群になってしまった原因を遡ってみます。
基本的には、ちっちゃい頃の自分に遡る事になるのですが。
ちっちゃい頃に、相当我慢を強いられた。
ちっちゃい頃に、親に構って貰えなかった。
ちっちゃい頃に、否定的な言葉ばかり親から浴びせられた。
ちっちゃい頃に、ロボットの様な生き方を強いられて来た。
こんな感じだったりすると、イライラMAX症候群になりやすいみたいです。
しかも、自分自身がイライラMAXに気がつけていれば良いのですが、以外にも無意識だったりします。
だから、自分では『そんな記憶は無いんだけどな〜』ってなる率が高いんですね。
人間って、生まれた時から親に◯◯してもらう前提で生まれて来ます。
◯◯してもらうと言う事が当たり前ですから、もしもしてもらえなかった場合。
最初はなんで◯◯してくれないんだよー
となります。
そして何度も何度も◯◯してもらないで居ると、どうせ言ったって◯◯してもらえない。
と言う思考になって行きます。
自分の意志では、◯◯してもらいたい。
でも、実際には◯◯してもらえない。
そこには我慢とか。
構って貰えないとか。
やりたい事をやらせてもらえないとか。
親の言う通りのロボットとか、人形の様な生き方を強いられた場合。
その時点で、自分の意志はさておいて。
◯◯してもらえないのは仕方がない。
とあきらめモードになったりするんです。
一応その場では、あきらめモードになるっちゃなる。
それが何度か連続して繰り返しあった事で、その想いが更に強くなる。
その後、ぶちキレるか、ブチ切れないかは別として。
大人になっても、その時の想いはしっかりと残っています。
自分では、忘れてしまった想いがイライラMAX症候群を引き起こす正体だったりします。
人間って凄いですよねー
自分が忘れてしまった事にも関わらず、しっかりと体の中には残っているのですから。

まぁ、こうやって書いてみると、我慢を続ける人に限ってイライラするパターンが多いのではないでしょーか!
まぁまだ、きちんとイライラの内容を言葉に出して言える場合は全然良いと思います。
それならそれに対して話をすれば良いだけですからね。
一番廻りを翻弄させるタイプは、イライラをぶつける相手に対してね。
なにも伝えない。
なにも言わない。
ただただ、ムっとする。
そして、イライラするタイプ(笑)


これね。
なんでかって言うと、一人で勝手に頭の中で妄想をする。
そして頭の中で、どうせこう言ったって、この人は分かってくれない。
って話を決めつける。
そして自分が口に出さずに。
自分で勝手に予測した結果に対して、相手が予測通りの行動をしてくれないと、イライラしてしまい。。
気づいた時には、イライラMAXになってしまう。
それを相手にぶつけてしまうので、ぶつけられた方はいきなり驚いてしまうって感じかな。
私も経験あるけど『なんだそりゃー!』ってなりますわな(笑)
iraira-max-shoukougun4.jpg
画像の駄々漏れ状態がイライラMAXの状態なのであれば。
コップに穴を開ける事=言葉に出して、自分の気持ちをちゃんと説明して相談する事。
家造りの良くあるシーンで、こんなケースがあったりします。
ご主人さんは、やさしい人
奥様も優しい人だけど、たま〜にイライラする人
こんなご夫婦がキッチン選びの打ち合わせの時。
奥様は常日頃から自分を追い込む位の勢いで、家事や子育てをしています。
自分に休みを与えないから、ドンドン疲れてしまったりします。
だからキッチン位は、自分の手間暇を掛けずに楽を出来るキッチンを選びたい。
そんな想いが奥様の中にあったとして、それを選びたい気持ちもある。
それと同時に、奥様の中には『こんな高いキッチン選ぶのはイケないよね・・』
と言う想いもあったりします。
この時点でご主人は、奥様がどの様に思っているのか知りません。
何故なら、奥様がご主人に対して。
自分が思っている本当の気持ちを、口に出して言っている訳ではないからです。
そしていざキッチン選びの打ち合わせの際、ご主人の一言。
『このキッチン良いよね?それともどんなキッチンが良い?』
と仰ったとしましょう。
奥様の頭の中では、良いキッチンを選びたい気持ちもあるけど、高額なキッチンになりやすいからそれは勿体無いと思う。
だから悩んでいるのに、あなたは簡単に言うんだね。
的な想いが出て来てしまう。
そして分かってもらえないって想いが、自分の中からこみ上がってきてイライラMAXモードに突入しちゃったりします。
これでは、ご主人としては。。
いきなりイライラされるの、全然意味分からねー!!
って感じになってしまいます。
だから、奥様としては。
頭の中で思っている、ホントの気持ちを落ち着いてご主人に説明をするって事。
イライラするよりも『ホントは私、日々の子育てで疲れているから、少しでもストレスを解消出来る様なキッチンにしたいのだけど、高いから勿体無いって気持ちもあるんだ。だから相談に乗ってもらってもいいかな・・』
な〜んて事を言われれば!
ご主人は奥様の為に頑張ってしまうと思うのです。
男性は目標を与えられると、やってやんぞとばかりに、それに向かって一直線な方多いですからね(笑)
そしてご主人の方も、必死になる前に奥様がホントの気持ちを言える間を造ってあげるのも良いかもしれませんね。
ちなみに。
今回は奥様の方を例にしてあげましたけど。
もちろん男性側のイライラMAX例もありますからね。
家族で仲良く出来れば、実は超楽しい家造り。
出来るなら、イライラしないでプランニングを楽しみたいもんでございます!
それで駄目なら、私に直接聞いてみて。
良いとこ知ってますので、いくらでもご紹介しますよー☆
家族で仲良く家造りが出来ない?|イライラMAX症候群の巻PART3


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です