横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

終わらない土地探しはもう止めて〜初めての土地購入丸分かりガイド〜

 
  2018/11/30
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -

家を建てようとする時、最初に土地から購入する事になります。

土地探しを始めて、すぐに未公開物件を購入出来る方も居れば

土地探しを始めて何年も経過していて、延々と土地を探されている方もお見かけます。

終わりの無い土地探しは、エネルギーも消耗しますし大変ですよね。

そこで注文住宅専門の中尾建築工房が、初めての土地購入をサポートするべく。

終わらない土地探しを終わらせる、賢い方法をご紹介させて頂きます。

1.なぜ土地探しが終わらないのか

なぜ土地探しが終わらないのか

土地探しを始めるために、最初は皆さんどんな行動を起こすでしょうか?

 

  • 土地情報を公開しているポータルウェブサイトを見る
  • 身近なお店で土地情報のフリーペーパーを見る
  • 住みたいエリア(駅)の不動産会社に行ってみる
  • 土地情報のチラシを見て現地に見に行ってみる
  • 売り出しの看板を見て、連絡をしてみる

 

この様な感じではないでしょうか?

 

住みたい場所がすぐ近くであれば、散歩中に売り出しの看板を目にする事も出来ますよね。

 

新聞を取っていなくてもポスティングで入って来る、物件の売り出し情報チラシを見かける事も出来ると思います。

 

この様な物件を気軽に購入出来れば、あっという間に土地探しは終わります。

 

ですが土地探しが終わらない多くの理由は

 

土地情報を公開しているポータルウェブサイトを見る

 

これをやってる方の多くが、土地探しが停滞するのをあなたはご存知でしょうか?

 

2.土地情報を公開しているポータルウェブサイトは見るな

土地情報を公開しているポータルウェブサイトは見るな

いきなり「ポータルウェブサイトは見るな」だなんて、驚いてしまいましたでしょうか?

 

でもこれは本当の事ですから、あなたが失敗しないためにも詳しい説明が必要ですよね。

 

それでは土地情報を公開しているポータルウェブサイトについて、メリットデメリットを説明していきましょう。

■ポータルウェブサイトのメリット

  • いつでもどこでも、スマホやタブレットで情報を見る事が出来る
  • 気になる価格帯やお気に入りのエリアを登録すれば、メールでお知らせしてくれる。
  • 複数のポータルウェブサイトを同時に見る事が出来る
  • 遠隔地からでもお気に入りのエリアの相場を確認出来る
  • 画像と説明付きなので、物件の事が分かりやすい

■ポータルウェブサイトのデメリット

  • 同じ物件が違う会社からもたくさん出ている
  • 物件を見に行きたくても、登録している会社に連絡しないと場所が分からない
  • 検索条件以外の情報は手に入らない
  • 問い合わせの電話をしたら、営業マンに売り込まれる
  • 情報が有り過ぎて「まだあるんじゃないか?」を繰り返す

 

この様にポータルウェブサイトでは、簡単に見れるメリットもあれば、見え過ぎてしまうデメリットもあります。

 

一生懸命な方ほどポータルウェブサイトを見続ければ、疲弊するなんて話も耳にします。

 

そこであなたには、ポータルウェブサイトや不動産業界の構造がどの様になっているか?

 

そこをご覧頂く事にしましょう。

 

もともと不動産業界ではレインズと呼ばれる、登録した不動産業者しか見れないネットワークがありました。

 

Real Estate Information Network System

 

略してレインズと呼びます。

 

日本語では不動産流通標準情報システムです。

 

私たちの様に首都圏に暮らしている場合は東日本レインズが対象になります。

 

平成2年から始まったこのサービスは、会員登録した不動産業者が情報を提供したり、情報を取得したり出来るシステムです。

 

このシステムの場合、一般のユーザーは見る事が出来ません。

 

そこで生まれたのが、誰もが手軽に不動産情報を見る事が出来るポータルウェブサイトです。

 

■東日本レインズ

  • 一般の方は見る事が出来ない
  • 不動産業者は見れる

■ポータルウェブサイト

  • 一般の方も見る事が出来る
  • 不動産業者も見れる

 

確かに誰でも物件情報が見れるのは、画期的なシステムの様に思えます。

 

ではこのポータルウェブサイトの収益はどこから成り立つのでしょうか?

 

物件を見るあなたは、お金を払わなくても情報を見れますよね?

 

そうです。

 

不動産業者がお金を払って情報を載せて、ポータルウェブサイトは運営されています。

 

あなたが見ているのは、不動産業者の出している広告とも言えるでしょう。

 

情報を出すには、見出しの良い場所に物件を掲載するオプションも存在します。

 

とても良く出来ているなと思う反面、デメリットもありそうです。

 

なぜなら物件自体が無いと、仲介を仕事にしている不動産業者は仕事がありません。

 

ですからレインズから得た情報を、ポータルウェブサイトにアップする。

 

ポータルウェブサイトから得た情報を、ポータルウェブサイトにアップする。

 

あなたが頻繁にご覧になられている、同じ物件が違う会社からもたくさん出ている

 

ここにつながります。

 

今はネットの情報が有り過ぎてるので、不動産業者としても物件を得るために必死です。

 

ですから、売り込みがちになってしまうのは否めないでしょう。

 

各社で競い合って契約を目指してますから、初めて土地を買う方にとっては少々びっくりしてしまうかもしれませんね。

 

ポータルウェブサイトを見て不動産業者にたどり着いたあなたは、こんな事を言われた経験は無いでしょうか?

 

  • 「今週末で決まってしまいますから、早く申し込みをしましょう!」
  • 「モタモタしてると二番手の方が優先になっちゃいますから、今すぐ申し込みましょう!」
  • 「土地だけではなくて、建売住宅も見ましょう!」

 

これらに該当しなくても、似た感じの事を言われた方はとても多いのではないでしょうか?

 

信頼関係が構築出来ていない不動産業者に、これらを言われてしまうとどうなるでしょうか?

 

「今週末で決まってしまいますから、早く申し込みをしましょう!」

  • 慌てさせられる事で不安になる
  • 売り込まれて嫌な気分になる
  • 土地を見出したばかりなのに、そんなにすぐには決められない・・と思う
  • まだこの人を信用出来るか分からないのに・・と思う

「モタモタしてると二番手の方が優先になっちゃいますから、今すぐ申し込みましょう!」

  • 慌てさせられる事で不安になる
  • 売り込まれて嫌な気分になる
  • 土地を見出したばかりなのに、そんなにすぐには決められない・・と思う
  • まだこの人を信用出来るか分からないのに・・と思う
  • 本当に一番手の人が居るのかな・・と思う

「土地だけではなくて、建売住宅も見ましょう!」

あなたが家を建てるつもりで土地を探してる場合なら

  • 人の話を全く聞いてないんじゃないか?と思ってしまう
  • ムカついたり、時間の無駄だと思う

この様な印象を受けてしまうのではないでしょうか?

 

多くの場合、ネガティブな印象を受けてしまいがちになるのです。

 

これでは物件を決める気分にはなれませんね。

 

気分を変えて、違う物件を見に行ったとしましょう。

 

すると、またまた同じ様な営業を受けて。

 

ネガティブをリピートしてしまう事が想像出来てしまいます。

 

3件それぞれ違う会社の物件を見に行けば、三人の担当者とやり取りをする事になるのですが。

 

それだけでお腹いっぱいになってしまう位、疑心暗記になってしまうのは否めません。

 

こうなってしまうと物件を購入するどころではなく、どの物件を購入したら良いのか分からなくなったり。

 

良い物件なのにも関わらず、申し込むチャンスを逃してしまったりするケースもあります。

 

「なんかもう、嫌になっちゃったな・・・」

 

この様に家造りの最初である土地探しが、停滞する原因になってしまうのです。

 

でもよくよく考えてみてください。

 

ポータルウェブサイトの中で競争している営業マンを相手に、あなたが疲弊するのは本筋ではありません。

 

3.最良の物件はポータルウェブサイトに載らず水面下で売られて行く

最良の物件はポータルサイトに乗らず水面下で売られて行く

 

ではポータルウェブサイトを見ずに、どうしたら物件を買えるのでしょうか?

 

少しだけ横道に逸れますね。

 

良い物件が出る場合、どの様に知る事が出来るのでしょうか?

 

レインズが登場する前は、各社で横のつながりがありました。

 

横のつながりで土地の情報を得ていたり、情報提供をしてました。

 

その名残は今でもあり続けています。

 

新しい物件があり「これは、すぐにでも売れるな」と思う物件は早々ある訳ではありません。

 

この時の売主や仲介業者、買主の心理を考えてみましょう。

 

  • 売主は満額(希望額)で、少しでも早く買ってくれる方に売りたい
  • 仲介業者は少しでも早く、買ってくれる方に物件を紹介したい
  • 買主は希望の立地なら、少し高くても購入したい

 

この条件が揃った場合、すでに契約が成立するのが不動産業界です。

 

わざわざお金を掛けてまで、ポータルウェブサイトに情報を出す必要が無いのです。

 

むしろ買いたい方が居れば、その情報を出せば右から左に取引は成立します。

 

私が設計や施工を行ったクライアントの皆様で、良い物件を購入された方のほとんどは。

 

その土地の風土を知り適正価格を知っている不動産業者に、物件を紹介してもらって購入されています。

 

もちろん前提として、信頼出来る不動産業者である事は言うまでもありません。

 

4.信頼出来る不動産業者をパートナーとして選ぶコツ

信頼出来る不動産業者をパートナーとして選ぶコツ

 

少しでも早く信頼出来る不動産業者に辿り着くために、見分け方をお教えします。

 

信頼出来る不動産業者は、これらの意味不明な事はしません。

 

  • 理由無く慌てさせて申し込みをさせる様な事はしない。
  • 架空の一番手や二番手の方を登場させない
  • 最悪な住宅ローンの斡旋はしない
  • 土地を買う為に物件を見に来たのに、建売住宅ばかりを案内するなんて事もしない
  • 月末になったら、キレ気味になって申し込みを強要したりしない

 

あなたを嫌な気分にした営業マンの真似を、信頼出来る不動産業者ならまずやりません。

 

信頼出来る不動産業者は、この様なスタイルであなたのサポートに徹します。

 

  • ヒアリングを重視し、話をしっかりと聞いてくれる
  • プロの目線で土地の良し悪しをお伝えする
  • 買主にも売主にも、喜んでもらう仕事をする
  • 資金計画もしっかりと相談に乗ってくれて最良な住宅ローンの手続きする
  • 自分が仲介に加われない物件でも、良い物件なら紹介する
  • LINEやショートメールで、週に一度は連絡をくれる
  • 言いにくい交渉ごとも、代行してくれる
  • あなたの盾となり、怪しい物件の誘いから守ってくれます

 

もしもあなたがこんな方に巡り会えて、土地を購入出来たらいかがでしょうか?

 

感謝してもしきれないですよね。

 

他にも信頼出来る不動産業者が、とにかく売らなくても良い理由があります。

 

■信頼出来る不動産業者は、地主や売主からの信頼が厚い

だからこそ物件の情報も、レインズやポータルウェブサイトに乗る前に知る事が出来ます。

 

■信頼出来る不動産業者は、口コミでの紹介が多い

自分の土地探しの時に良かった印象があると、人は友人、知人に紹介をしたくなるものです。
信頼できる人は紹介を頻繁に受けるから、いつも仕事はあります。
誰かれ構わず慌てて契約を促さなくても、良いと言う事になります。

 

こんな理由があります。

では探し方をお教えしますね。

 

■信頼出来る不動産業者は、どうやって探せば良いか?

  • 最近家を建てたお友達に聞いてみる
  • お友達、親戚でその道のプロが居る
  • 家を建てる依頼先に聞いてみる

 

こうして信頼出来る不動産業者にたどり着けば、家造りのスピードは加速します。

 

早過ぎてびっくりされた方も居ましたが、家が建った後、何年も経過して振り返ると。

 

みなさん「とても感謝をしている」との話を聞きます。

 

私が良く目の当たりにしている事実です。

 

信頼できる不動産業者に出会えたら、土地はあなたが探す必要はありません。

 

要望を伝えて情報もらい、説明を受けながら一緒に見て回るだけです。

 

もしも時間が余っているなら、家族で共にする時間に割り当ててください。

 

5.土地探しジプシーはもうやめよう

土地探しジプシーはもうやめよう

 

聞いてみれば当たり前の様な事なのですが、土地探しをする方の中には。

 

延々と探し続ける土地探しジプシーにもなりやすい方が居ます。

 

ジプシーですから、ひたすら彷徨い続けるんですよね。

 

そのスタイルで、土地探しを継続している姿は。

 

広い砂漠の中で、限られた一粒の砂を探している様なモノです。

 

真面目な方ほど「もっと、もっと」と、土地を探す羽目になりやすいのです。

 

  • 「もっと良い物件が出るんじゃないか?!」
  • 「この物件は日当たりは良いけど、立地に問題があるよね」
  • 「あぁ、その物件ね。その物件はさぁ。。。」

 

こんな状態に陥っていたら、それこそ重症なんだと気づくべきです。

 

土地を買って家を建て終えたら、その知識って使えますか?

 

あなたの今後の仕事に役立ちますでしょうか?

 

せいぜい職場の同僚や後輩に「自分の場合はこんな感じだった」と説明が出来るだけでは無いでしょうか?

 

不動産業界に転職しない限り、これから家を検討する方へのアドバイスにしかならないでしょう。

 

時間と言うのは有益です。

 

失った時間を取り戻す為にも、信頼出来る不動産業者をパートナーにしてください。

 

6.まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

家も似た様なものですが、土地購入は人生で最大の買い物です。

 

プレッシャーが掛かるのも良く分かります。

 

それだけに失敗したくないのは誰しもが思うもの。

 

是非あなたにとって信頼出来る、不動産のプロをパートナーとして頼りにしてください。

 

必要であれば、私の様なプロの建築家や工務店を頼りましょう。

 

誠実な建築家や工務店なら、あなたにとって不利益な土地を進める事はありません。

 

不動産のプロ

 

建築のプロ

 

いずれも信頼出来るプロ

 

これをしっかりと守って頂き、人生で最大の買い物となる土地と家。

 

ぜひ成功まっしぐらに進んで頂きたいと思います。

 

中尾建築工房では人生で最高の家づくりをあなたに提供する事をお約束します。

 

ぜひ、参考にしてくださいね。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です