横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市秋谷『SHIP-博多丸』注文住宅 神奈川で建てるに取材を受けました!

 
横須賀市秋谷『SHIP-博多丸』注文住宅 神奈川で建てるに取材を受けました!
この記事を書いている人 - WRITER -

完成お披露目見学会でも、大好評を頂いていた横須賀市秋谷のSHIP-博多丸』
今日は注文住宅 神奈川で建てるの取材がありまして、久々秋谷の地に訪れさせて頂きました!
博多丸のオーナーご夫妻にお会いするのは、見学会の時以来。
なもんですから。
会った瞬間『痩・せ・た・ね−!!』
って(笑)
おそらく一般的な施主様と。
建築設計事務所や工務店さんとのやりとりとは、到底思えません(笑)
ま、それが中尾建築工房って事もありますので。
まずは日照の問題もありますから、外観の撮影を行う形だったです。
ところが、何故か外では・・
yokosukashi-akiya-ship-hakatamaru-i-shuzai.jpg
本をまとめるディレクターさんも。
博多丸のオーナー奥様も。
揃いも揃って、片足スクワット(笑)
私みたいなのが、いきなりライザップに行き出して。
結果にコミットしている所を目の当たりにしたせいか。
『どんな事やってんの〜』と言う感じで、お二人共に中尾ライザップを開始(笑)
おそらくこんな風景、他社さんではあり得ない事なんだろうなぁ・・・


yokosukashi-akiya-ship-hakatamaru-i-shuzai2.jpg
そして、今日はライザップ目的では無く、あくまでも本の取材(笑)
さっそくいつもの流れ通りになりまして、取材が始まりました。
撮影が始まると、人が入って良い場合。
人が入っては行けない場合があったりします。
業界用語では人無しとか、人有りとか言うみたいですけど。
カメラマンさんが2Fリビングを撮影している間は、こんな感じで私達は隠れていたりするのです!
yokosukashi-akiya-ship-hakatamaru-i-shuzai3.jpg
この写メを見てみて、私もビックリしてしまったのですが。。
ウォルナットの階段と見比べても、私の方が色が黒いんですよね(笑)
マジか〜
階段のウォルナット色よりも、俺の方が黒いのかぁ・・

と、一瞬ビックリしてしまった写真なのですが、これはこれで仕方ない。
そして追い打ちをかけるかの如く『社長、色黒過ぎ〜!!』と。
下で爆笑しているスタッフが約一名。
yokosukashi-akiya-ship-hakatamaru-i-shuzai4.jpg
お前もあんまりウォルナットと変わらないんじゃないの?!
って事で、写メってみましたけど、やっぱりウォルナットに近い感じになってます(笑)
この界隈で働いていると、どうしてもこんな感じになったりするのよね。。
そんなオバカな話しのやりとりしつつも、取材は進行して行きます。
普通の家なら、おそらく2時間も掛からない取材時間なのですが、博多丸は3時間以上も掛かりました。
それだけ、見応えのある家なのだって事ですね。
そして、取材がほぼほぼ終了になった時間で、なんと!
お昼のランチを頂いてしまったんですねぇ。。
yokosukashi-akiya-ship-hakatamaru-i-shuzai5.jpg
手際よく、オーナー奥様が。
私がお土産に持ち込んだ、安田養鶏場さんのお野菜を使って手料理を振る舞ってくれました!
しかも。
私がライザップ中であり、糖質脂質制限をしている事も、ブログをご覧になっていて知ってくれておりました!
なので必然的に、私の場所はご飯の無いアソコだなと(笑)
yokosukashi-akiya-ship-hakatamaru-i-shuzai6.jpg
肉や魚を積極的に摂らないといけない私だけご飯は抜きだけど、お肉は多めにして頂けました(笑)
ランチの後には、カメラマンさんに撮影して頂いた画像を見たり、談笑したり。
yokosukashi-akiya-ship-hakatamaru-i-shuzai7.jpg
これは博多丸の外観。
船のシルエットを持つ博多丸ならではの外観ですね。
yokosukashi-akiya-ship-hakatamaru-i-shuzai8.jpg
これは玄関の先に広がるホール部分を撮影してもらった画像。
博多丸独特の曲線がいー感じで現れております!
こうして、無事取材を終えた横須賀市秋谷の海前に建つ『SHIP-博多丸』
本が発売されるのは、7月21日。
今号も内容はてんこもりとなっておりますので。
是非とも、書店でゲットして頂ければと思いまーす☆
それにしても・・
そんなにやりたいなら、ライザップ行けば良いじゃんか・・
yokosukashi-akiya-ship-hakatamaru-i-shuzai9.jpg
取材は終了だって言うのに、また室内で中尾ライザップを始めております(笑)
この景色なら、ライザップって言うよりも。
どちらかと言えば、ヨガって感じの方がいいかもしれないですね!
博多丸のオーナーご夫妻様、取材とランチ!
どちらも、ありがとうございましたー☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です