横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町下山口|TEAM中尾現場班集結の巻!

 
  2018/12/30
葉山町下山口|TEAM中尾現場班集結の巻!
この記事を書いている人 - WRITER -

現在プランニング中の葉山町下山口海見えの素晴らしいロケーションの家。
新築で建てる注文住宅になるのですが、ある程度は工事をする際に『どこをどう、収めていくか?』と言う図面も出来て来ましたので、実際に工事のシュミレーションをするべくTEAM中尾現場班で現地に集結しました!
通常は、TEAM中尾現場班はほとんど現地に行かなくても、私の経験値で職人さん達に『こ〜して、あ〜して、こうやって!』と言えるんです。
でも、こちら葉山町下山口の家は通常の家と違って、インフラ面やスラブ工事、基礎工事、資材搬入等の検討を実際に現地でやる必要がありました。
敷地の大部分が傾斜地でもありますし、道路の高さよりも敷地が下にある。
いわゆる道下と呼ばれる敷地条件。
そうなると、かなりの台数を停める為の駐車場もスラブで造る必要があります。
大きなスラブを造るという事は、それを支える鋼材などの搬入にも影響が出てきます。
例えば、クレーンの小さいタイプのモノでも道路に横付けして、アウトリガーを張り出せるか?等々の色々な問題を確認すべく現地で打ち合わせをする事になりました。
でも敷地条件的に大勢の職人さん達が、それぞれ車で押しかけてくると、現地はおそらく大変な事になってしまう・・
なので朝から、普段は集結しないTEAM中尾現場班が長者ヶ崎に集結しまして、一台の車をピストン輸送して職人さん達を運んでの現地打ち合わせになります。
hayama-shimoyamaguchi-genchi-staff-chousa.jpg
今日集まったTEAM中尾現場班は、敷地の外と中であれこれと打ち合わせを行っています!
ざっくりとで10人くらいは来てもらったかな。。
大工さんは私が居るから呼ばないけれども、主に現場で働く職人さんの中で、この敷地条件だからこそ大変な工事となる職人さんたちのみを呼んでいます。
やはり予測はしていたのですが、TEAM中尾現場班のみんなも、土地の形状や、道路の接続、そしてなんといっても景観には、ちょっとビビっておりました(笑)
そりゃ〜、そ〜だよねぇ。。
普段はここまでスケール感の違う家って、なかなか無いもんね。。


そうそう、こちら葉山町下山口のお宅は、オーナーとなるご主人様の、男のロマンが盛りだくさんなんです(笑)
私もどちらかって言うと、男のロマンにはビビっと共感してしまうタチなので、建てる家はいわゆる夢の詰まった家になる訳です。
夢の詰まった家と言うのは、家を造っていく職人系の立場からすると、複雑な部分多々ありまして、私自身は話をしながら、頭の中でシュミレートしつつも案を練ります。
でも職人さん達は、図面と現場を初めて見る事によって、そこからシュミレートして行きます。
普通の家であれば、それでも温度的な部分はシェア出来るのですが、ここの家の場合はいきなり工事が始まる前に図面を貰うのだと、職人さん達にとってはちょっと厳しいかもしれない。。
なので、滅多にない事なのですが、TEAM中尾現場班が集結してしまったという訳ですね。
でも短い間ではございますが、職人さん達とはそれぞれの工事に於いての問題や解決方法を打ち合わせする事が出来ましたので、まずは良かった。
これからすり合わせる事も含めまして、TEAM中尾現場班は、葉山下山口プロジェクトに対して、色々と相談をしながら図面の修正やコスト調整を行っていきたいと思います!
hayama-shimoyamaguchi-genchi-staff-chousa2.jpg
各職人さん達を車でピストン送迎をした後の中尾建築工房車両・・・
いい感じで汚れてきましたけれども、今日の雨が全て洗い流してくれる事でしょう!
進行状況はまたこちらのブログで報告します!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. S外 より:

    雨の中ありがとうございます。男の夢…なんとかなりますかね…なんとかなんとか、お願いします!!team中尾頼みなんで、よろしくです。イヤー、でも今日の雨はよく降りますね。あの道は、大雨降るとすぐ少し崩れるんでタイヤも土だらけになっちゃうんですよね。最近はタイヤの汚れもあんまり気にしなくなってますけど…それに雨降ると雑草も竹も勢いがすごくて、朝の散歩でむしったり蹴飛ばしたりしてるくらいでは、全然歯が立ちません。今週も草刈りか…

  2. S 内 より:

    TEAM中尾現場班!ありがとうございます。テンションあがります↑↑わぁいわぁい(^o^)丿

  3. 中尾建築工房 より:

    S外さん☆
    危ない、危ない。。
    フルネームで掲載されていたので、私の方で修正させて頂きました!(笑)
    頼みの綱って事は、私も良く分かっております。。
    それだけに現地であれこれ職人さんに言うっていうのは、何年ぶりだろうって感じでしたね。。
    草?
    敷地分割。。します?(笑)
    S内さん☆
    一応、見えない所で頑張ってます!
    私、これでもやる時にはやる男です☆

  4. S 内 より:

    見えてます(@_@)
    中尾さんがいつもご尽力されていることは、俺様ブログといわれるブログからビシビシ伝わってきます、よ。

  5. 中尾建築工房 より:

    S内さん☆
    まるで透視されているかの如く、見えてるんですね(笑)
    では、色んな方が俺様ブログを楽しみにされている様なので、私も尽きないネタ探しに努力するとしましょう!
    しっかし、あれ。。
    なんかいい方法ないかなぁ・・

    私の妄想ですんで、気にしないで下さい(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です