横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

シックハウス症候群を回避する方法~新築で必ず知っておきたいこと~

 
シックハウス症候群を回避する方法~新築で必ず知っておきたいこと~
この記事を書いている人 - WRITER -

あなたも新築を手に入れようと考えておられるなら、健康な暮らしを送ることができる住まいづくりに関心があるのではないでしょうか。

 

昨今の住宅は性能が大幅に高くなっています。

断熱性、気密性、どちらも従来の住宅とは比べものにならないくらい性能がアップし季節を問わず快適な空間を提供してくれています。

 

しかし、そのいっぽうでは、これらの高性能が引き金となり「シックハウス」などの新しい問題が登場しています。

 

そこで今回は、自然素材を使った住宅の専門家である、中尾建築工房が快適で健康な住宅づくりについてお伝えしていきます。

1: シックハウスを防ぐ基本は換気である

シックハウスを防ぐ基本は換気である

昭和の住宅の多くは、家の隅々まで風が通りました。

冬ですと、外から窓の隙間を通るすきま風が寒いくらいだったことを覚えておられる方もいらっしゃることでしょう。

 

また、このような風通しの良い建築構造だったため、家の隅や床下などに湿気がこもりにくく、住宅の視点で見ると「健康」な状態だったと言えます。

 

築50年、100年近く経過した明治や大正の頃から建っている住宅でも、畳を上げて床下をのぞき込むと、さらさらとした土が目に入り湿気の存在を感じないところもあります。

 

 

しかし、時代の流れや住宅へ求められる快適性の変化から、住宅の構造や内装で使われる壁紙の素材などが大きく変化しました。

 

確かに大きく変化し進歩したことで、家の断熱性能や気密性能は格段にアップしたのですが、性能をアップさせるために素材に化学物質を使うことが増えたのです。

 

そして、ここで思いもかけないことが起こりました。

 

あなたも一度くらいはお聞きになったことがあると思います。

 

シックハウス症候群

 

という症状を訴える人が出てきたのです。

 

この症状は、建築物に使用されている化学物質が揮発することで室内の空気中を漂います。

そして空気中を漂う化学物質がお住まいの人たちに吸い込まれることで、自律神経に異常をきたすと言われています。

 

他にもシックハウス症候群は、湿気が大好きなダニやカビが原因だとも言われています。

 

 

このような症状が出てきたため、現代の住宅は高性能である反面、空気中を漂う化学物質や、湿気が大好きなダニやカビの発生を抑えるために

 

換気

 

を強制的に行うことで、シックハウス症候群とならないための方策が必要となっています。

 

2: シックハウスは材料で回避できる

シックハウスは材料で回避できる

このような理由から、2003年に「シックハウス法」というものが施行されました。

 

ホルムアルデヒド系の材料の使用が制限されるようになり、住宅に使う材料としては4つのランクが規定されました。

 

F☆☆☆☆

F☆☆☆

F☆☆

F☆

 

これらのランクで「F☆」は、住宅の内装には使えないことになっています。

 

また、シックハウスの原因となる化学物質は「ホルムアルデヒド」だけではありません。

壁紙を貼るときの接着剤。

合板を合わせている薬剤。

 

こういった目に見えない部分で化学物質を使っていることがありますから、できることなら最初から自然素材を使った住宅をつくる方が安心できるでしょう。

 

3: 自然素材と上手に付き合って快適な暮らしを手に入れる

自然素材と上手に付き合って快適な暮らしを手に入れる

いつまでも健康で快適な暮らしを送りたい。

 

誰もが考えることですが、このような理想を実現するためには、住宅に使われる素材(材料)を自然素材にすることを考えてもらいたいのです。

 

多くの場合、化学物質が使われている素材は、自然素材に代替えすることができます。

 

「でも、自然素材を使った家って高いから」

 

という声も聞こえてきそうですが、そこはどのような建築士に相談するかで変わってきます。

 

一般的なハウスメーカーさんですと、無垢材を使った住宅を希望すれば驚くような費用を言ってくるかもしれません。

 

しかし、例えば中尾建築工房ですと、無垢材を使っていない住宅くらいの値段で、自然素材を使った健康で安心できる住宅をつくることができます。

 

くわしいところは、建築事例やお客様の声を見ていただけるとわかると思います。

 

 

このように、自然素材の住宅だから高くて手が出せないのではなく、建築士や建築会社によって、十分に手の届くものなのです。

 

ですから、最初からあきらめないでください。

住宅は体への影響を左右する場所です。

 

未来のあなた、ご家族、お子さん。

それぞれの成長や発育の中で、シックハウスのリスクを感じながら暮らすのは、気持ちのよいものではありません。

 

だからと言って、

 

「とりあえずは化学物質を使った家を建てて、しばらくしてから自然素材に建て替えよう」

 

というようなことは現実的ではありません。

 

 

自然素材を使った住宅を候補に出し相談してみてください。

 

4: 自然素材の特徴と魅力

ここでは自然素材の特徴と魅力をお伝えしておきます。

(1)無垢材

木の存在感が十分な自然素材の代表的材料です。

見ているだけでも心がなごみます。

 

素足で触れたときの感触も大変良く、足腰への負担も少ないです。

 

なんと言っても木の温もりが伝わってきますので、リラックスできる空間を手に入れることができます。

(2)タイル

水漏れにも強い自然素材です。

色や柄も豊富なので人気があります。

(3)

畳の香りが大丈夫なら、畳を使うことで「ほっ」とできることは間違いありません。

(4)珪藻土

珪藻という植物プランクトンの化石からできています。

シックハウス対策にも使われることが増えています。

最近では吸水性の高さが評価され、コースターや湿気とりとしても雑貨店で販売されています。

(5)天然成分の塗料

塗料は建築士によってかなりこだわりがあります。

しかし共通しているのは、自然素材の住宅をつくる建築士なら、天然成分を使った塗料を選ぶことは間違いありません。

 

亜麻仁油や牛乳を主成分にした塗料もありますので、施行を依頼するときに確認してみてください。

 

5: まとめ

快適で健康な住宅づくりは、あなたのこれからの人生において大変重要なことだと思います。

 

いくら広いお家であっても、部屋が豪華であっても、いつも病気がちだったり、家の中にいるとイライラしたりするようなところでは、健康で健やかな毎日を送ることはできません。

 

また、お子さんがいらっしゃったり、ご両親がいらっしゃった場合ですと、体のあちこちに原因のよくわからない不調が出てくることも考えられます。

 

 

このような住宅が不調の原因となるシックハウスは、できるだけ回避しておきたい。

 

ですから、中尾建築工房のような自然素材を使った住宅の専門家は、今の時代に必要な存在なのだと思います。

 

 

あなたもこれから10年後、20年後の未来をイメージし、健康で快適な暮らしがおくれる住宅に向けて行動してください。

 

もし、あなたのお近くに自然素材を使った住宅の専門家がいらっしゃらない場合には、遠慮なく中尾建築工房までご相談ください。

 

こちらのお問い合わせから、いつでもご相談可能です。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です