横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

藤沢駅利用で通勤出来る家を建てる!Simple naturalの家

 
  2019/02/11
WRITER
藤沢駅に通勤出来る家を建てる!Simple naturalの家
この記事を書いている人 - WRITER -

 

中尾建築工房が建てる家はジブン・Styleを提唱して、常にクライアント様の要望を吸い上げた家づくりを行っています。

 

人によって要望はバラバラですが、それを形にするのが注文住宅です。

 

今回は藤沢市の藤沢駅利用の場所に家を建てたい。

 

江ノ島には家業のお店もあって、ご主人はサーフィンや車を楽しみたい。

 

こちらのご家族は藤沢には縁もゆかりもあると言う事から、土地探しからの家づくりをお手伝いさせて頂きました。

 

藤沢駅利用で通勤出来る家を建てる!Simple naturalの家

 

こちらのOBオーナー様は、過去に中尾建築工房で家を建てたOBオーナー様のお友達でもあります。

 

「この家をそのまんま、自分たちの土地に持っていきたい(笑)」

 

いやいや、ちょっとくらいは変えましょう・・・

 

それでは、Simple naturalの家をご紹介していきましょう。

 

1. 藤沢市に建つSimple naturalの家にお連れ致します

藤沢市に建つSimple naturalの家にお連れ致します

 

■外観の特徴

 

  • 大好きな車を停めれるスペースの確保
  • 家族が乗るための自転車スペースだって必須!

 

極力シンプルに、そしてスタイリッシュな外観を持つSimple naturalの家。

 

ベージュがかったホワイトを基調に、汚れの目立たないシルバーのガルバリウム鋼板の屋根をセレクト。

 

北道路面には、無駄に大きな窓は必要ありません。

 

風通しを良くする程度の小窓をセレクト。

 

断熱損失を極力少なくした、窓の配置にさせて頂きました。

 

2.玄関を開けると側には土間収納

玄関を開けると側には土間収納

 

■玄関土間の特徴

 

  • 子育て世代にとっては必須の土間収納
  • 扉を閉めてしまえばスッキリ感を演出出来ます

 

 

ご主人のサーフボードや子供達を連れ歩くベビーカー。

 

もちろん子供達の自転車だって、土間収納があれば全てビルトイン。

 

子育て世代の奥様にとっては買い物後やお出かけ後は、とっても強い味方になるでしょう。

 

中尾建築工房で建てている方の多くが要望する土間収納。

 

少しくらい片付いてなくても、扉を閉めてしまえば大丈夫。

 

必要以上に「片付けなければっ!!」に囚われなくても良い生活スタイルを過ごして頂けます。

 

ひっそりと置かれた自然塗料や、パテの空き缶。

 

施主施工を頑張って取り組まれた、そのままの雰囲気が残されております。

 

3.お友達の家と同じ階段

お友達の家と同じ階段

 

■階段スペースの特徴

 

  • どっしりとした無垢材だけで造作した階段
  • あれ?付け框は無いの?
  • 要所要所に奥様のお好きな物を飾れます

 

過去に中尾建築工房で家を建てたお友達の家を見て「同じ家を建てたい!」と思ったSimple naturalの家のオーナー様。

 

土間収納もそうですが、階段も同じ様なテイストで造作をさせて頂きました。

 

全てが無垢材だけで造られた、中尾建築工房オリジナルの階段です。

 

木の表側に向かって反りが出る事を考慮して、全ての階段板上面に木表を。

 

反りが若干出る事によって、自然と出来るナチュラルなストッパーの役割を果たします。

 

そのおかげで分譲住宅の様な、階段の滑り止めを付ける必要はありません。

 

木の特性を活かした階段と言えるでしょう。

 

実は中尾建築工房の家には、付け框と言う存在がありません。

 

と言いますか、框自体もありません。

 

全てタイルを立ち上げて仕上げてしまっています。

 

框や付け框を設けてしまうと、それは何かの拍子にシロアリに狙われてしまう危険性があります。

 

また小さいお子さんが勢い良く帰って来た時、框や付け框が木の場合。

 

あっという間に汚れてしまいます。

 

ですから中尾建築工房では、框や付け框は全棟でNG!

 

汚れもシロアリも、気にしなくても良い様に作らせて頂いております。

 

当たり前の常識を守るのではなく、使い勝手の良い良識に変えて行く。

 

これも中尾建築工房イズムが見受けられる部分です。

 

そして奥様の好きがちりばめられている家には、要所要所に個性が見受けられます。

 

オーナーのこだわりが感じられる佇まいになってますね。

 

4.それではメインの2Fリビングへご案内いたします

それではメインの2Fリビングへご案内いたします

 

■2Fリビングの特徴

 

  • 勾配天井には真っ白な珪藻土を
  • 無垢の床は杉の床を自然塗料で着色
  • 日差しが降り注ぐ明るいリビング

 

やり切った感のある勾配天井の真っ白な珪藻土。

 

ご主人が頑張って仕上げた、会心作でもあります。

 

中尾建築工房では基本的に、壁のみを漆喰や珪藻土にする事はありません。

 

天井もしっかりと漆喰や珪藻土を仕上げる様に工夫をしています。

 

なぜなら調湿効果の高い素材ですから、塗れる場所の全てに塗りたい。

 

賃貸の家の頃にカビや結露に悩んでいた事は、この家に住んでしまえば過去の事。

 

調湿能力の高いドイツ漆喰ですから、お好きなだけ室内干しをして頂いてだいじょうぶです。

 

無垢のフローリングは、コストパフォーマンスを発揮する針葉樹の杉の床。

 

自然塗料で着色する事によって、お好みの風合いに仕上げています。

 

勾配天井のおかげで増えた壁面には、二連の高窓があります。

 

燦々と降り注ぐ太陽の日差しがある事で、リビングの中はとっても明るい空間になります。

 

マットホワイトの仕上げは、太陽光をより拡散してくれます。

 

この先も、ずっと無くならない明るさを得られる事でしょう。

 

5.システムキッチン利用でコストを調整

システムキッチン利用でコストを調整

 

■キッチンの特徴

 

  • ごく一般的なシステムキッチンを採用
  • 汚れを落としやすいシート貼りの床
  • 可愛いタイル貼り

 

 

自然素材の家には、製作キッチンやオーダーキッチンで無ければNG。

 

そんな工務店もある様ですが満足度重視の中尾建築工房は、コストコントロールするのにシステムキッチンだって積極的に採用します。

 

湿気やカビに結露、こんな悩みを払拭出来る家を建てる為に中尾建築工房があります。

 

小さいお子さんが二人も居る、汚れを落としやすいシート貼りを選択しました。

 

ちなみにクッションフロアではございません。

 

よりリアルな長尺シートを採用する事によって、耐久性が高くて汚れも簡単に取れる部分を重視しています。

 

キッチン廻りのタイルには、可愛いタイルをボーダーで配色。

 

タイル貼りだってその気になれば、施主自身でも貼る事が可能です。

 

クライアントの要望を形にするのが、中尾建築工房のジブン・Styleです。

 

6.ルーフバルコニーは家族団欒の場所

ルーフバルコニーは家族団欒の場所

 

■ルーフバルコニーの特徴

 

  • オープンエアーな空間
  • バーベキューやちょっとしたディナーも

 

 

ルーフバルコニーには、ご家族で食事が出来るテーブルセット。

 

オープンエアーな空間は、奥様の隙間時間で息抜きスペースになったり。

 

ご主人様の考え事をするスペースになったり。

 

昼でも夜でも、ちょっとした時に活用したいスペースです。

 

暖かい季節には、もちろん家族でランチやディナータイムも楽しめます。

 

さらにはお友達の勢いは、大変凄まじいのも知ってますので。

 

きっと日頃のストレスを発散するべく、バーベキューと称した飲み会にもうってつけになる事でしょう。

 

7.2Fリビングには小上がりも併設

2Fリビングには小上がりも併設

 

■小上がりの特徴

 

  • 子供達のお昼寝や腰掛けにぴったり!
  • 床をあげれば下部には収納スペースも

 

やはりお友達の家と同様、小上がりを装備したSimple naturalの家。

 

日本人のDNAには、畳の文化が知らずのうちに根付いているのでしょう。

 

遊び疲れた子供達を寝かしつける場所に、小上がりの畳はぴったりです。

 

一段上がった閉鎖的なスペースは、なかなか居心地が良いモノです。

 

昔むかし、そのまた昔。

 

ダンボールで遊んだ子どもの頃を彷彿させる、大人の閉鎖的スペースと言えるでしょう。

 

ダイニングテーブル、ルールバルコニー、そして小上がり。

 

同一フロアで家族の団欒を楽しむゾーンがあります。

 

8.レストルームにはお好みのタイルを

レストルームにはお好みのタイルを

 

■レストルームの特徴

 

  • タンクの水栓はふさぐ
  • 手洗いボウルの周囲はお好みのタイルで

 

トイレを選ぶ時、必ず話題に上がるのはタンク上部の手洗いの汚れ。

 

汚れが付いたら、なかなか落ちないんですよね。

 

そこでタンクレスではないけど、タンクの上部は水栓をなくして塞いでしまう。

 

そして別に手洗いボウルを設置して、そこで手を洗う。

 

こんなご要望も、中尾建築工房では多く採用しています。

 

仕上げに選ぶタイルは、ぜひショールームにてお好みのタイルを選びましょう。

 

きっとお掃除の時だって、気分が上がる要因になる事間違い無いアイテムだと思います。

 

9.ダイニングのスペースには何げに間接照明を

ダイニングのスペースには何げに間接照明を

■ダイニングスペースの特徴

 

  • 一粒で二度美味しい間接照明

 

間接照明のリクエストがある時、ちょっと一手間を掛けるのが中尾建築工房です。

 

この照明は天井コーブ照明と言われる、天井への放射型になる関節照明です。

 

ただしそれだけでは面白味も無いですし、せっかく付けるなら一粒で二度美味しい思いをしたい訳です。

 

それなら一つのシームレスラインランプを設置する、コーブ台を工夫してみました。

 

コーブの下部分を大胆にくり抜く事で、壁面に照射された照明の明かりがダイニングに落とされます。

 

天井も明るくしてくれて、そのおこぼれの明るさを下にも落とす。

 

中尾建築工房らしい、無駄の無い間接照明手法の一部です。

 

10.K様らしい藤沢生活を楽しむライフスタイルを

藤沢駅に通勤出来る家を建てる!Simple naturalの家

 

現在も子育て中のSimple naturalの家。

 

ご主人はお仕事に、奥様は子育てに。

 

そして1日1日が、あっという間に過ぎて行く生活かもしれません。

 

でもそんな時、この家にはありとあらゆるところに。

 

一息できる空間が存在しています。

 

ぜひSimple naturalの家に帰宅したら、ゆっくりな生活を取り戻しましょう。

 

K様邸の家づくりを、中尾建築工房にお任せ頂きましてありがとうございました。

 

2015年6月27日に竣工させて頂いた藤沢駅利用で通勤出来る家を建てる! Simple naturalの家をご紹介させて頂きました。

 

これからも中尾建築工房は人生で最高の家づくりをあなたにご提案させて頂きます。

 

 

併せてご覧くださいオーナー

 

藤沢市 Simple naturalの家 オーナー K様からの口コミ

 

 


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です