横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

セルフビルドで書斎のデスクを造りたい!葉山町堀内『のんべんだらりの家』Part3

 
  2019/04/05
セルフビルドで書斎のデスクを造りたい!葉山町堀内『のんべんだらりの家』Part3
この記事を書いている人 - WRITER -

 

取り敢えずは二週間ほど前に、全ての板材を加工完了。

 

後は組み立てるだけですので、全ての板をご自宅に持ち帰って頂きました。

 

そして、最終日の時、こ〜んな事をお願いされたんです。

 

『壁に取り付ける、写真立てみたいなのを造りたいんですけど!』

 

( ̄△ ̄;)/

 

そんなん先に言ってくれよな〜と思いつつ。

 

そんなのどこで見たのって聞いてみると。

 

どうやら、中尾建築工房で建てた家のどこかで。

 

同じ様なモノを見てしまったから、自分も欲しくなっちゃった。

 

と言う感じなのだとか(笑)

 

これを造るためには、大型の機械と小型の機械を使わなくてはなりません。

 

造作スキルからみても、教えて出来るもんじゃないしなぁ・・・

 

と思うレベルでありました。

 

そして私の取った行動は。

 

hayamamachi-horiuchi-o-seshu-zousaku-desk17.jpg

 

もう、オーナーに説明しながら造るより。

 

こんなん、俺が造った方が全然早いわ!!

 

と言う事になりまして、さっそく作業を始めました(笑)

 

まずは写真を立てる為の溝を掘って行きます。

 

hayamamachi-horiuchi-o-seshu-zousaku-desk18.jpg

 

溝を掘り終わった状態です。

 

ここに写真を引っ掛ければ、写真が倒れない限りは滑って落っこちる事はありません。

 

板材の小口断面が黒くなっているのは。

 

この材料自体が、と〜っても堅い木材なのだと言う事と。

 

丸ノコでカットする際に、機械自体に負荷が掛かっていると言う事が分かります。

 

hayamamachi-horiuchi-o-seshu-zousaku-desk19.jpg

 

そして今度は溝を掘った板を、さらに幅を狭めにカットしていきます。

 

hayamamachi-horiuchi-o-seshu-zousaku-desk20.jpg

 

カットした後の断面には、ざらつきがあります。

 

なので、後面とは言えども、手押し鉋をかけて断面をキレイに削ります。

 

hayamamachi-horiuchi-o-seshu-zousaku-desk21.jpg

 

最後に手鉋を使いまして、角の立っている部分の面取りを行います。

 

4つ角と、溝を掘った角の部分も面取りをします。

 

広葉樹は木が堅いから、角が立っている状態のままではとっても危険。

 

なので、面取りしないと手を切ってしまう事もありますから。

 

ここは丁寧にやるべき所です。

 

この間、およそ5分程。

 

私がやっていると、簡単そうに見えるみたいですけど。

 

実際に見るのと。

 

やるのとでは、大違いだと思います。

 

なるべく、こういった造作モノは。

 

御自身のDIYのスキルが上がってから。

 

造られた方が良いかもしれません・・・ね(笑)

 

ちなみに。

 

出来上がったデスクは、こ〜んな感じに仕上がったのだそうです!

 

hayamamachi-horiuchi-o-seshu-zousaku-desk22.jpg

 

ほとんどの部分の取り合いを丸ダボ接続にしているみたいですね。

 

巾木絡みの部分と。

 

中棚とカウンターを支える縦枠の胴突きは愛嬌としても。

 

始めて木工作業をやってみたのであれば、充分上出来な出来栄えと言えるのではないでしょーか!

 

という事で、セルフビルドで書斎のデスクを造りたい!葉山町堀内『のんべんだらりの家』

 

ようやくご主人様がフリーランスで作業をするデスクが完成しました!

 

後は自然塗料のオイルフィニッシュにして、永らく使ってみれば。

 

自作のデスクになりますから、愛着も湧きますよね!

 

ご主人様にしては、よく頑張ったと思いまーす☆

 

後はお酒呑んで、ハイになった奥様に、あれこれ注文されない事を祈りたいと思います(笑)

 


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です