横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山に建てる家造り|予算もあるけど男の浪漫も超大事☆

 
  2018/12/30
葉山に建てる家造り|予算もあるけど男の浪漫も超大事☆
この記事を書いている人 - WRITER -

そろそろ賃貸は手狭になって来たから、家でも買おうか。
そして不動産会社に行き、完成している物件を見て回る。
中古のマンションだったり、新築の建売住宅がおそらく対象になるでしょう。
けれどもそういった万人受けする中古のマンションや建売住宅には面白みも無い。
面白みが無い=楽しみとなる部分が無いわけだから、自分の人生を掛けて住宅ローンを支払っていく建物とは、到底思えない。
だからいっその事、注文住宅と言うジャンルの世界に脚を踏み入れてみよう!
こんな感じで中尾建築工房の門を叩く方がとっても多いのです。
そう、注文住宅であれば、予算が許せるのであれば、いくらだって造る事が可能です。
でもそんな予算のある方は早々居ない訳でして。
さらに言えば、それぞれの価格帯の予算をお持ちになられる方が居らっしゃっても、共通しているのが自分の建てたい家の予算と自分の建てたい家の価格に開きがあると言う事です。
でも膨らんでしまった要望(妄想とも言う)も、多々ある訳で。
それをどうにかなんとかする為に、打ち合わせを続けるのです。
そんな中、葉山町堀内に計画中の見積打ち合わせを本日行わせて頂きました!
hayama-horiuchi-mitsumori-s-costdown.jpg
建物もデッカイですよね〜
ビルトインガレージ、憧れますよね〜
将来的に変化して使える様になるスペースは、絶対無くしたくないよね〜
背の高いルーフバルコニーも、葉山の自然を満喫するモノだから、諦めたくないよね〜
やっぱり自然素材って良いよね〜
でも、予算はこのまんまじゃ届かないよね〜
当然ここからコストダウンの話をしていく事になるのですが、膨らんだ妄想たるや、なかなか無くす気にもなれない訳です。
それをきちんと理解して頂くために、中尾建築工房の見積書は各工事項目ごとのレイヤー訳が成されているんですね。
どこをどうすればコストが下がるのかが一目瞭然ですから、下げやすい見積書と言えば良いのかもしれません。
今日はまだ一回目のコストダウン打ち合わせになりますから、これからまだ色々と検討し直しをする必要がある。
でも、いまだかつて無いコストダウン方法が出るやも知れないのです。


なんと!
実は奥様のお父さんが大工さんと言う事でして。。
年齢は高齢だけれど、まだまだ現場には出る気満々と言う事らしいのです。
そこで取るコストダウンの方法はと言うと。。
そしてもちろん、これをやったら中尾建築工房の過去歴にはあり得なかったコストダウンになるかもしれない。
hayama-horiuchi-mitsumori-s-costdown2.jpg
必殺技にはなるのですが、大工さんへの発注書です。
もしもお父さんが大工さんをやれるのであれば、その大工手間はコストダウンの対象となる訳です。
しかも結構な金額の大工手間。
それを果たしてお父さんが大工としての実力でカバー出来るかどうか?
微妙なラインではありますが、私自身が元大工の棟梁。
年齢が70歳の大工さんだろうが、80歳の大工さんだろうが、仕事が上手であれば、それについては褒め讃えます。
でも仕事を見て『その程度の実力で職人の看板あげてんのか?!』と言う程度だと、それもはっきりと指摘し改善して頂きます。
つまり仕事については、年齢が上であっても一歩も引きません。
言う事ははっきりとモノを言いますので、もしもやれるのであれば。。
私の面接は必死になるかと思います(笑)
ちなみにもう一度言いますが、もしもお父さんに発注する場合、中尾建築工房史上初の試みとなります!
そんなこんなで進めている、葉山町堀内に建てる予算もあるけど男の浪漫も超大事な家造り。
さぁ、どこをどうやってコストダウンをして行くか、ここからが勝負かもしれません(笑)
hayama-horiuchi-mitsumori-s-costdown3.jpg
現地の方では4区画中の最初の一棟目が、すでに上棟をされておりました!
上棟おめでとうございます☆
さぁ、コストダウンをしてなんとか着工に迎える様に頑張りたいと思いまーす。
それにしても上棟された現場のお隣の家って。。
反対側だったから分らなかったけど、私のフェイスブック上のお友達のWさん家だったのね・・・
駐車場側しか知らなかったから、分からなかったです・・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です