横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市長沢にて地鎮祭☆

 
横須賀市長沢にて地鎮祭☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2015年12月10日の建築吉日成るの日。
横須賀市は長沢にて地鎮祭を執り行わせて頂きましたー☆
実は本日、建築吉日と相まって。
こちら長沢オーナーの奥様、お誕生日なんだそうですー!
そんな良き日に地鎮祭を執り行えるなんて、とっても素敵な祭事になりますよね☆
yokosukashi-nagasawa-k-jichinsai.jpg
こちらの建築地はとっても分かりやすい場所にあると言いますか、国道134号線沿いになります。
建物は述べで60坪ほどの建築物になるのですが、1Fのほとんどはご主人のお仕事場。
なのでとっても大きな建物になってしまったのです。
そして国道沿いのこの立地。
目立たない訳がありませんね(笑)
本日も地鎮祭が始まりまして、しばらくしてからふと見られてる感を道路から感じ取り。。
なんだかどこかで見た事のあるランドクルーザーからは手を振られ(笑)
なんとビックリ、同じ長沢に建てたオーナー奥様がドデカイランドクルーザーを運転されておりました!
私もつい『こんにちは〜!』というよりも、ニコニコしながら手を振り返していたんですけどね。
ま、地鎮祭中だったしね。
まゆぞーさん家には、今度ゆっくり伺おうかと思います!
お父さんも相変わらず元気みたいですし(笑)

さて、今回の地鎮祭。
いつもの通りに神社は猿田彦神社さんにお願いをしておりました。
猿田彦神社さんは杉並の支社から来て頂いているのですが、なんと!
今回は久しぶりの最高宮司さんに祭事を行って頂けました!


yokosukashi-nagasawa-k-jichinsai2.jpg
ここの所は猿田彦神社さんに地鎮祭をお願いすると、若い宮司さんに来て頂いてました。
こちらは特に人選をしている訳ではございませんので、どの宮司さんが居らっしゃるかが当日にならないと分かりません。
久しぶりにお会いした最高宮司の中村さん、朝から猿田彦珈琲を飲んで地鎮祭の準備をされておりました!

『宮司〜、ひっさしぶりですねー』
最高宮司
『あ〜、社長いつもありがとねー、最近は若いのが育って来たから、あんまり俺は出ない様にしてるんだよね』

『そっか、まかせておいても安心な人ばかりだもんね。』
最高宮司
『ほら、珈琲見てみて、猿田彦珈琲なんだよ!』

『あ〜、名前は聞いた事あるんだけど、猿田彦神社と猿田彦珈琲ってなにか繋がりがあるんでしょ?!』
最高宮司
『いや、無いよ(キッパリ!)
なんだか珈琲屋さんがお店を始める時に、占いの人だったっけかなぁ〜、誰かに猿田彦にしろって言われたらしいよ。。』

『へぇ〜、そ〜なんだ〜(笑)だったら宮司が猿田彦珈琲を飲む意味はあんまり無いんだね(笑)』
こんな会話をしてからの地鎮祭だったのですが、相変わらずボキャブラリー&サービス精神は旺盛な宮司さんです。
yokosukashi-nagasawa-k-jichinsai3.jpg
祭事が始まる際には、式次第(しきしだい)を手渡しまして、オーナーご夫妻&お母様に分かりやすく説明を。
そしてこちらの敷地には、元々古い井戸がありました。
古いアパートを取り壊しての建築計画なのですが、こういった際にもさらりとお伝えしておけば、井戸神様のお祓いもこなして頂けます。
僕はこの建築と言う仕事について20年以上が経つのですが、都度色々な神様に会う機会がありました。
家にはたくさんの神様が関わりを持ちます。
ちょっと前には歌にもなっていた、トイレの神様って聞いた事ありませんか?
実際には烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)って神様なのですが、やはり日々、その地に住まわれていた方の為にお守りをして頂いている形になります。
だから新しい土地を購入したと言っても、元々はなにかしらの利用がなされている訳で。
そこには感謝を持たずに生活をしていた方がいるかもしれない。
そうすると色んな神様にとっても、あんまりよろしい状態ではございません。
なので。。
今回の長沢の土地に関しても、自分たちが使っていた井戸ではないけれど、井戸がどの様に扱われていたのか分かりません。
そんな事があるだけに、私はこう思います。
『ありがとうございます!』って言う感謝の気持ちを伝える事。
これ、結構大事なんじゃないかなって思います。
ありがとうと言われて、嫌な気分になる人も居ないでしょうしね!
とまぁ、猿田彦神社最高宮司にお願いする事が出来た横須賀市長沢の地鎮祭!
最近はほとんど出てこない最高宮司が出張って来るって事は。。
それほど良き日だったんだって事!
と言う事でオーナー一家の皆様。
奥様Happybirthday♪&地鎮祭おめでとうございまーす!
この後、天候が崩れて夜から明日中は雨が振り、突風が吹きます。
雨降って地固まりつつ、週明けから最高の状態で着工させて頂きたいと思いまーす☆
yokosukashi-nagasawa-k-jichinsai4.jpg
海前、海見えの家造りはほんっと楽しいですよねー☆
しっかし天気に関しては、ほんっとピンポイントで雨振らないな・・
持ってるなぁ。。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. まゆぞー より:

    ご無沙汰してます。
    いつも通る度に「まだかな?」と思っていたので地鎮祭を見て、はしゃいじゃいましたー
    暮らし始めて2年弱ですが変わらず快適!12月の週末は毎週お泊まり客の予約が入り、みんな「帰りたくなーい」と居座ってくれますよ。
    そして「この家眠くなるー」とも(笑)
    皆でウトウトしたのが懐かしいですね。
    主人も父も会いたがってますので、いつでも遊びに来てね。
    ウッドデッキもバルコニーの柵も全部メンテナンスしたんだよー

  2. 中尾建築工房 より:

    まゆぞーさん☆
    人がいっぱい集まってくれる家って良いですね!
    確かにまゆぞーさん家は眠くなりますし、ご飯食べた後なら尚更・・・
    ではメンテの出来栄えを拝見しに、ご主人様もお父様も居らっしゃる時、顔出すとしましょうかね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です