横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町堀内屋上ルーフバルコニーの照明を検討する

 
  2018/12/24
葉山町堀内屋上ルーフバルコニーの照明を検討する
この記事を書いている人 - WRITER -

昨日、同じ葉山町内の下山口にて地鎮祭を執り行いまして、その後は夜しか試す事の出来ない現場に行きました。
場所的には葉山町堀内のお宅になるのですが、こちらのお宅はルーフバルコニーを取り付けた家になりまして、そこの照明を出来るだけグレアを感じない照明にしたいかなと。
でも、既成品の照明には、該当する照明器具もありませんで『さてと、どうすっか・・・』と検討していた照明になります。
実際に現地に行きまして、一体なにを試すのかって言うと。。。
hayamamachi-horiuchi-m-roof-shoumei.jpg
まるで夜中に真っ暗の中で怪しい事をしている二人が見て取れると思います。
おそらく犯罪者では無いかと思うのですが、建築工事中の現場最上端にて外壁に照明を当てたり、空中にライトを流したり、反射効率を確かめながら色々と検討をしております。。
これ、室内であれば、壁面の反射効率が黙っていても分かるんだけど、外部になると反射するモノがなにも無いのよね・・
なので間接照明を造るのがとっても難しいんですけど、なにもやらないよりは、やった方が言い訳で・・・
一番有効なのは外壁と同素材で反射板を作れれば良いのだけれども、すでにルーフバルコニーをMAXの高さにしてしまっているせいもあって、外壁と同素材では反射度合いも見込めない・・
では、どうっすかって事になりまして・・


hayamamachi-horiuchi-m-roof-shoumei2.jpg
反射板の向きを色々と変えてみると、やはりルーフ手摺壁の高さよりも高さを上げたい形になりました。
なので、とりあえずは建築で造る事はやめてみて、金具を選んで当てはめてみる事にしてみる事にしましょう。
それにしても夜になってこんな事をやっていると。。
音はしなくとも、目のあったご近所の方には『いったいなにをしているんだろうねぇ・・・』なんて事を思われてしまった事でしょう。。
さすがに怪しいですよね・・
という感じなのですが、とりあえずは金具を探して取り付けする段取りを行っております!
にしたって、もう少し楽出来る家って無いんですかねぇ・・・
どの家のオーナーも、妄想の大爆走が半端無いので、ついて行くのがやっとですわ・・

そう言えば、今日のお昼ごろに年賀状の宛名を整理していた時の事、某横須賀市長沢のオーナー宅住所が、司法書士さんから来てませんでした。
こちらのお宅は中尾建築工房から程近いってこともあるのですが、妄想大爆走中の葉山町堀内のオーナーさんとは見学会で、こんな会話をしていたと思います。
横須賀市長沢オーナー
『やっちゃって下さい!』
葉山町堀内オーナー
『はい、やっちゃいます!』
そんな繋がりがあったのを思い出しまして、敢えてブログに書いてしまおうと思ったんですけど。。
だいたい私はこういった時、そのままアポなし突撃をする男です。
ポカポカ陽気の昼下がりですから、そりゃ〜、家の中は最高に心地よい訳で・・
玄関から入るって言うよりは、南面にあるウッドデッキから、侵入してしまった方が早い家になるんですよね。
なので車を停めてから、さっそくウッドデッキから侵入を試みると。。
なんと奥様、一番窓よりにあるソファーに仰向けで爆睡しておりました!(笑)
いや〜、失敗しちまったんだよな〜、写メってからガラス叩けばよかったんだけど、ついうっかり先にガラス叩いて起こしちゃったんだよなぁ・・
大失敗でしたよ、ホント。。
あれ写メってれば、相当な笑いを取れたはず(笑)

と言う事で、今日みたいなポカポカ陽気の日には、最高に眠たくなってしまう中尾建築工房のハイスペックな家。
葉山町堀内のオーナーも、同じ様な仕上がりが期待出来るかと思いますので。。
完成まで、しばしお待ちいただければと思いまーす!
いや〜、それにしても、あまりにも面白すぎて、写メる前にガラス叩いのは失敗だったな・・・
今度また、アポ無しで突撃してみる事としよう・・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です