横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市長沢|駅近立地にて基礎工事☆

 
横須賀市長沢|駅近立地にて基礎工事☆
この記事を書いている人 - WRITER -

中尾建築工房にほど近い場所となるのですが,京浜急行電鉄のYRP野比駅超徒歩圏にて新築の注文住宅を建てる工事が始まっております!
ちょうど昨年の暮れに、最後の地鎮祭を執り行わせていただいたお宅の現場になります。
今日は天気も良く、コンクリートを打ち込みするにはもってこいの陽気でしたので、ちらりと現場の方に出向いてみました!
yokosukashi-nagasawa-t-shinchikukouji-kiso.jpg
タイミングよく基礎工事の鉄筋を組み上げておりまして、耐圧コンクリートの打ち込み作業中です!


yokosukashi-nagasawa-t-shinchikukouji-kiso2.jpg
上から見ると、やはり建物自体が大きい為、基礎の型枠範囲もとっても広いモノになってますね。
防湿シートに鉄筋、きちんと張り巡らせてありますので、まずは耐圧コンクリートが打ち込んで行けます。
こちらの敷地は敷地自体が道路よりも上がっている為、コンクリートは直接流す事が出来ません。
そのためコンクリートを効率よく流すためにポンプ車で、フレッシュコンクリートを流しこむ形をとっております。
まぁ、建築の業者さんだったら当たり前に分かる事ですけど、一般の方からすれば『なんだろう、これ・・』って部分もあるでしょうから、説明をさせて頂いております☆
yokosukashi-nagasawa-t-shinchikukouji-kiso3.jpg
ちょうどコンクリートを流し込み始めた所です。
頭にタオルを巻いている方が持っている黒いホースからフレッシュコンクリートが流されていきます。
そして、紺色の鳶職ルックスな方が緑色の機械を手に持っているんですけど、これはバイブレーターと言いまして、流し込んだコンクリートの中に空気の層が出来ない様にブルブルブル〜って、生コンクリートを揺すっているんです。
これをきちんと行う事で、ジャンカ防止をしている訳なんです。
そして1月だっていうのにも関わらず、半袖でバーの様なモノを持っている職人さんは打ち込まれたコンクリートを均す作業をするために、後ろでスタンバっている訳なんです。
コンクリートはバイブレーターで撹拌して、打ち込んだらすぐに均す。
ある意味で言えば時間との戦いになる訳なんです。
そのため、この風景は、決してサボっている訳ではないんですねー(笑)
ちょうど年明けしてから釣ったカワハギは、きちんとお母様にお渡しする事が出来ましたし、工事も順調。
今日はもう耐圧のコンクリートを全て打ち込みが終わっておりますので、現地に行かれたら。。
ちょっと壮観かもしれませんね☆
おっ楽しみに〜☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です