横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

三浦市南下浦|木造軸組在来工法の土台敷き

 
三浦市南下浦|木造軸組在来工法の土台敷き
この記事を書いている人 - WRITER -

中尾建築工房の建てる家は、基本的に木造軸組在来工法と呼ばれる建物です。
その軸組に採用されている木材は、全て無垢材でサイズは最低でも4寸角から構成されています。
よく上棟する時に現場周辺のご近隣の方には『すごい木材の大きさだね〜』なんて事を言われるのですが、これは私自身が元々大工の棟梁だった事もありまして、少なくしていくよりも、むしろ増していく方向にしています。
一度組んだら、交換が効かない軸となる部分ですから、やはり素材にはお金を掛けたい訳なんです。
そしてご覧頂いているのは桧の4寸角を土台として敷きこんだ写真です。
miurashi-minamishitaura-kiso-dodai.jpg
白っぽい木材は全て桧の角材になります。
給排水管も床下までは施工し終わっておりまして、土台の下には黒い部材が見えると思います。
これ、基礎パッキンと言いまして、今時ならほどんとのメーカー、もしくは工務店さんでも採用されているパッキンです。
ただ、これが普通のパッキンとちょっと違いまして、中尾建築工房で採用している基礎パッキンはアンカーボルトや柱のホゾ穴の部分のみに敷きこむタイプではなく、土台の全てに敷き込みを施すパッキンです。
このパッキンには通気のパッキンもあるのですが、気密のパッキンもあります。
浴室や玄関などは通気しない方が良いので、気密パッキンを採用します。
そしてそれ以外の部分に関しては、通気の出来るパッキンを敷きこんでいます。
普段はこの様な部分って、目に見える所ではないんです。
実に地味的な存在だったりするんですけど、実はこのパッキンがとっても優秀でして、中尾建築工房の採用する木材とMIXされると、薬害に頼らない造りになるんですよね。
ここもちょっと高い材料ではあるのだけれども、オーナーの暮らしが始まってから、初めて分かって頂けるであろうこだわりの部分。
詳しく意味を知りたい方は、私に直接聞いて頂ければと思います!


miurashi-minamishitaura-kiso-dodai2.jpg
そして土台が敷き込まれると、今度は床の断熱材を入れているのですが、これはあだ名が天才断熱材と呼ばれる材料になりまして、積水化学のフェノバボードと呼ばれる断熱材!
床暖房を入れたいと言われる方の多くが、この断熱材を選択する事で、結構な確率で床暖房が無くなる事がとっても多いです!
と言う事で、三浦市南下浦|木造軸組在来工法の土台敷き
上棟を迎えるにあたって、見えなくなってしまう地味な部分も、しっかりと造り込まれております!
明日、明後日は私がセミナー参加の為、終日不在にしております。
なのでブログの更新は出来ませんが、週明けになったら更新させていただきたいと思いまーす☆
それにしても、この家もやっぱり材料食う家なんだよなぁ•••


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です