横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町長柄|新築の注文住宅打ち合わせに小籠包現る!

 
  2018/12/30
葉山町長柄|新築の注文住宅打ち合わせに小籠包現る!
この記事を書いている人 - WRITER -

つい先日、11月28日に数軒の設計打ち合わせがありました。
実はこの日、私は45歳の誕生日になりまして、それを知っていた葉山町長柄に計画中のオーナー奥様。
なんと、バースデープレゼントにお手製の小籠包をご持参して頂けたのです!!
hayamamachi-nagae-k-plan-shouronpou.jpg
なんとも立派なセイロに小籠包が入っております!
この小籠包、なんと手造りでして、仕込みに3日間ほど掛かったと言われる代物・・
葉山町長柄のオーナー奥様は、粉物系の料理が得意でらっしゃるんです。
新たに立ち上がる新築の家でも、間違いなく粉物系料理を造れて、ストレスの無い様な計画案になってます。
いいですよねー、得意な料理を新しい家で、もっと楽ちんに造れるのって!
なんだかこうやって見ると、なんにも問題無く小籠包が完成されたかの様に思われるのでしょうが・・・
実はここで、ある事が判明してしまったのです。
中尾建築工房にはガスと言うモノが無い・・・
しかも、簡易型のコンロすらない・・
つまり、小籠包を造る為には、唯一薪ストーブしか火と言う存在が無いのです。
果たして暖を取るための薪ストーブに、それだけの熱量を造る事が出来るのだろうか?!


hayamamachi-nagae-k-plan-shouronpou2.jpg
まずはいつもよりも薪を多めに焚べて、湯が湧くのを待ちます。
でもねー、薪ストーブはあくまでも暖を取るためのモノ。
なんで、ストーブの上に鍋を置いて保温をする事だったら出来るでしょう。
もしくは、ストーブの炉内にピザやさつまいもを入れて、美味しいピザやら焼き芋を造る事は出来るんです。
けど、ストーブの上に湯を張って、沸騰させるまではやった事が無いのよね・・
そこまでやると、おそらく炉内が大変な事になるでしょうし・・

おそらくこのままではお湯が湧かないと判断したこの私。
いつもよりさらに更に多めに薪を焚べました!
hayamamachi-nagae-k-plan-shouronpou3.jpg
通常、暖を取るなら緑色の高さまでしか薪を焚べません。
けれどもそれでは絶対に熱量が足りませんので、一気に赤線の高さまで薪を焚べてみました。
画像でもご覧になれる様に、薪の燃え方がハンパではございません(笑)
hayamamachi-nagae-k-plan-shouronpou4.jpg
おいおいっ、どんだけーって位、室温は急上昇します(笑)
これ、薪ストーブを利用されている方が見たら、笑うか、ビックリするかのどちらかしか無いでしょうね・・
どんだけ燃してんだーと言われても、それくらいやらないと温度が追いつきません。
薪ストーブが変形するんじゃないかって位の温度なのは、私も分かってます(笑)
hayamamachi-nagae-k-plan-shouronpou5.jpg
実はこの時、悪魔の囁きが・・
誕生日なんだから!
しかも3日前から仕込みしてるんだから、レンゲに乗せて一気に食べるんでしょ〜♪

と言われたこの私・・
行けるのか、俺・・と思いつつ。。
hayamamachi-nagae-k-plan-shouronpou6.jpg
そりゃー、そうです(笑)
こうなってもおかしくはないですよね。。
だって小籠包を蒸すのにストーブを全開以上に燃やしている訳ですし、私もTシャツになってる位、暑い訳ですから・・
うちのスタッフも、こんな写真を撮っておく位ですから、乗りの良さがお分かり頂けるかと。。
いずれにしても、45歳の誕生日の日に、超熱々の美味しい小籠包を頂けたのは、嬉しい限り!
この後、打ち合わせは続いたのですが、葉山町長柄のオーナー様。
わざわざご丁寧な誕生日プレゼント、ありがとうございましたー☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. masami より:

    お誕生日おめでとうございました。
    暖炉の威力すごかったですね!
    あまりの暑さに笑えてきたけど(⌒-⌒; )
    あの暖炉があそこまで燃え盛ることはもうないんでしょうね〜(笑
    ちなみに粉なものっていうより、点心(飲茶)ですよ。
    土曜日は帰りにロンドンへ電話して注文し、三平によって唐揚げを買って行きました。
    今日のお昼はゆうき食堂に行ってきました。
    そして今日の夕食は届いたちゃんぽんをいただきました!美味しかった〜(*^o^*)

  2. A山 より:

    なんかイイ家だなーと思ったらウチだった♪笑

  3. 中尾建築工房 より:

    masamiさん☆
    手造りに要した時間と素材提供、ありがとうございました!
    そっか、粉々って言っていたけど、正確には点心なのね・・
    ロンドン→三平→ゆうき食堂なんて、B級グルメまっしぐらですね!
    今年は行けなかったですけど、ゆうき食堂さんのさんまの炙り丼美味しいんですよねぇ・・・
    いずれにしても美味しいモノに囲まれて、そしてそれをいい家で味わえる湘南は素晴らしい地域だと思います!
    A山さん☆
    ですよねぇ〜(笑)
    シーリングファンとレッドシダーの板貼りについて説明していてA山さん家の画像をひっぱり出してました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です