横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市馬堀台団地リノベーションお引渡し☆

 
  2018/12/05
横須賀市馬堀台団地リノベーションお引渡し☆
この記事を書いている人 - WRITER -

yokosukashi-maboridai-danchi-k-ohikiwatashi.jpg
2017年4月9日建築吉日ひらくの日に、横須賀市馬堀台団地のリノベーション現場をお引渡しさせて頂きました☆
こちらのお宅は、以前に中尾建築工房で家を建てた三浦市のオーナー様がいらっしゃるのですが。
オーナー奥様のご両親様が所有されている団地でした。
この団地のリノベーション工事、以前にも二件ほどやっておりまして。
それを知っていたオーナー奥様が、中尾建築工房を紹介して頂けました。
馬堀台団地は割と古い建物になりまして。
今時のマンションの様に、断熱材などを施工している建物ではありません。
コンクリート直ですから、超絶暑い寒い・・・
本来、コンクリートで建てる家と言うのは。
コンクリートが良いも悪いも蓄熱しますので。
躯体と呼ばれるコンクリート壁の外側で、断熱するのが最良と言われております。
蓄熱性があるなら、外気の熱を断熱して蓄熱させない。
これがいわゆる外断熱と言う形式の断熱です。
けれども、最近建てているマンションは、外で断熱するのではなく。
室内側のコンクリート躯体に断熱材を吹き付けます。
これだとコンクリートが蓄熱はするけど、まぁなんとか・・・
私たちの様に建築の人であれば、外断熱を選ぶけど。
マンションを販売する側としては、きらびやかな方にコストを廻したんでしょうね。


話は馬堀台団地に戻しまして。
つまりこの団地はノー断熱。
そのため、北側と南側の室温差が3℃以上は確実に差が出てしまうのです。
しかも建物の角部屋になりますので、一番厳しい条件でした。
なので、過去に施工した物件よりもコストを掛けて頂きまして。
断熱工事をしっかりと行う事を提案させて頂いたんですね。
定年を迎えて、これから暖かい三浦半島での暮らしが。
暑いは・・・寒いは・・・では。
そもそも工事をする意味が無いですからね。
お引渡し日には、娘さんご夫婦とお孫さんも来てもらえたみたいです。
みたいですと言うのは。
この引渡し日程、ちょうど私のこれとブッキングしておりまして
私が石垣島に出張してたんですよね・・・
なので、スタッフから聞いての話だったのですが。
今までの勤続地と、三浦半島では。
娘さん一家との距離もダントツで近くなりますから。
より可愛いお孫さんにも会える様になりますよね!
と言う事でオーナー様からご紹介を頂いた後両親のリノベーション工事。
無垢の杉床材と自然素材の珪藻土で。
断熱もしっかり行いましたので。
今までとは空気感も、快適さも違うと思います!
yokosukashi-maboridai-danchi-k-ohikiwatashi2.jpg
キッチンの使い方の説明を施工管理のスタッフが行っております。
孫ちゃんは、お母さんから絵本を読み聞かせてもらってるのかな。
yokosukashi-maboridai-danchi-k-ohikiwatashi3.jpg
琉球調畳と杉の無垢フローリング。
派手さは必要無いとの事でしたので、ごくごく普通に仕上げてあります。
yokosukashi-maboridai-danchi-k-ohikiwatashi4.jpg
娘さん、素足ですから(笑)
断熱工事、バシッと効きましたね!
yokosukashi-maboridai-danchi-k-ohikiwatashi5.jpg
これは・・・
お引渡し日の画像サーバーの中に入ってましたが。
コタツ、置けるかな?
と書いてありました。
コタツでも、なんでも置いてください(笑)

長時間集中して、コタツ付けっぱにしますとね。
畳も床も、熱によって痩せます。
なので、使っても平気ですけど。
特に不良とかではありませんので。
畳と床材が空き切ったら。
その隙間サイズの板をはめれば大丈夫でございます。
と言う事で、横須賀市馬堀台団地リノベーション。
無事、竣工おめでとうございましたー☆
これで馬堀台団地だけで、3組のリノベーションオーナーが居るから。
走水港での水揚げは。。
3組さんで、勝手に分けてね!
そんな事が出来そうになりました(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です