横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

夏場の薪ストーブ用の薪造り|敷地の有効利用方法の巻!

 
  2018/12/30
夏場の薪ストーブ用の薪造り|敷地の有効利用方法の巻!
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんはお盆休みが明けましたでしょうか?
それとも、今週末までお休みでしょうか?
中尾建築工房は、本日から通常どおり営業をしておりまして。
私に至っては、前倒しでお休みを頂いておりましたので。
お盆休み期間は、通常どおりの設計打ち合わせや。
新規設計案件の現地を下見に行ったり。
溜まったデスクワークの作業をしておりました。
そんな中、葉山に家を建てたOBオーナーさんの中には。
「造園屋さんが伐採した樹木(1m以内にカットした丸太)を頂いたので、チェーンソーを貸してください!」
との事。
中尾建築工房のOBオーナー様に至っては、チェーンソーでも薪割り機でも、ミニダンプでも。
使い方をご存知の方は、好きな時に使って下さいとお伝えをしています。
使い方が分からない方は、動画を見る、もしくは私からの指導を一度は受けて頂く。
そんな感じで、薪造りの作業をして頂いております。
まー普通に買えば、年間10万円は掛かる薪ストーブの燃料コストです。
それを削減出来るなら、少しばかりの努力は必要になって来ますよね(笑)
「しかしこの猛暑の中で、わざわざやらなくとも・・・」
とも思う訳なのですが、やられるとの事でしたので。
しばし、薪造りの観察をしておりました(笑)
natsuba-makiwari-makitsukuri.jpg


薪割り機を使っているけど、暑さはやっぱり暑いはず(笑)
伐採された樹木(1m以内にカットした丸太)は、切り取った時期により含水率が違います。
水を吸い上げる春先から秋口にかけては、水分も割りと多めでして。
樹木の中には比較的、虫などの幼虫も居たりします。
水分を吸い上げていない、真冬にカットした樹木を薪割りするなら。
虫も居ない確率が高いですし、水分もさほどでは無いから。
そのまんま、薪棚に薪を積んでも良いのですが。
暑い時期に薪を割るなら、こんな方法もお勧めをしております。
natsuba-makiwari-makitsukuri2.jpg
ただ単純に、アスファルトの上に並べるだけです(笑)
これはですね。
床面がコンクリートでもアスファルトでも、どちらでも良いのですが。
夏場のコンクリートやアスファルトは、相当熱い熱を蓄熱をしておりますから。
外気温と比較して、床面の温度はさらに熱い温度になっております。
夏場に切り出した樹木は水分も豊富ですから。
造った薪をいきなり薪棚に積むのではなく。
蓄熱して熱くなった床面の熱を利用して、薪の水分を抜く。
薪は反ったりまったりしても、建築材として使う訳ではありませんから。
この様に強引な、乾燥方法が利用出来るのです。
ちなみに建築材の乾燥材は、乾燥室の温度が40〜100℃越えとなっております。
敷地にゆとりのある方で、コンクリートの部分にスペースがあるなら。
この様に薪を並べるだけで、水分を抜くのも効率良くなるし。
得体の知れない虫が、後から出てくるのも抑えられます。
これやっとくと、あまりの熱さに。
虫が薪から、出て来たりもしますからね。
ポイントとしては、あまりパツパツに並べない事。
薪をパツパツに並べた事により、床面の温度が下がってしまいます。
日差しに当たり、蓄熱し続けてもらう為にも。
少なからず薪2〜3本分の隙間を開けて、薪を並べてみて下さいね!
それにしたって、とてつもない暑さの中での薪造り。
猛暑のせいもあってか、割った薪からいつもにも増して香りがします。
natsuba-makiwari-makitsukuri3.jpg
これは吉田造園さんから頂いたカイヅカイブキ。
これを割ったら、香りがとっても良いとの事をおっしゃっておりましたが。。
私の場合、すでに嗅ぎ過ぎでして。
ぶっちゃけもう、お腹いっぱい(笑)
そして猛暑の中、やはり相当きつかった様でして。
「中尾さん、熱中症になりそうだから帰ります。。」
「ですよねぇ・・・」
「もしかして、何もこの猛暑の中でやらなくてもとか思ってました?!」
「えぇ、もちろん(笑)」
と言う事で夏場の薪ストーブ用の薪造り。
身の回りにスペースがあるなら、こんな乾燥方法もお勧めしたいと思いまーす☆
冗談抜きに今年の暑さはヤバイですから。
薪割りされる方、屋外や屋内で作業をされる方は。
暑さ対策をしっかり取って、作業をしてみて下さいねー☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です