横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横浜市港南区港南台|WroughtIron-handmade外構フェンス&扉編

 
横浜市港南区港南台|WroughtIron-handmade外構フェンス&扉編
この記事を書いている人 - WRITER -

ちょっと前に、いや数年前から相談されていたお庭と車庫のアプローチの問題。
オープンよりも隔てが欲しいとの要望から、最終的にロートアイアンで手造りをするオーダーのフェンスと扉を製作する事になりました。
そして今日、いよいよ取り付けの作業を行ったのですが、天気がねぇ・・
時期的にも台風による影響からか、天気は雨予報でございました。
職人さんに電話をすると『少し約束した時間よりも早いけど、取り付け出来る様に現地に来ています』との事。
ただ奥様は約束の時間よりもまだ一時間ほど早いので、お宅には誰も居らっしゃいません。
取り敢えずはセレブな奥様に電話をしつつ(3回、4回掛けてもつながらない・・)ショートメールに『少し早いけど、作業進めます!』と連絡をしつつ、早速作業に取り掛かります!
yokohamashi-kounanku-kounandai-k-wroughtIron-handmade-1.jpg
私が到着した際には、すでに一枚目のロートアイアンのフェンスと扉を固定している所でした。
この位の仕事量であれば、特に私が出張っていく事もあまり無いのですが、この日は台風の影響で天気予報も雨です。。
そこに晴れ男の私が行くって事になると、当然雨は降らないであろう・・
そんな私のいつも通りな思惑から、現地へと出張る事にしたんです。
でもちゃんと私なりにもお仕事はしてきましたよ。
yokohamashi-kounanku-kounandai-k-wroughtIron-handmade-2.jpg


今まではウッドデッキのみでしたので、転落防止の為の木製手摺が付いておりました。
でも、ロートアイアンの扉とフェンスが新たに付く事になりましたので、ダブってしまうのはイケてない・・
なので木製の手摺はカットして、アイアンのみの手摺とする事にしたんです。
当然、元大工な私ですから、こんな手摺のカットは朝飯前な訳で。。
yokohamashi-kounanku-kounandai-k-wroughtIron-handmade-3.jpg
あっという間に手摺を解体しまして、カットした部分のタッチアップも完了!
この後、職人さんはロートアイアンの固定やタッチアップなどの作業をしてもらっていたのですが、私は私で時間を持て余してしまいます。
そんな中、ふとリビングの上に拡がる大きな吹き抜けを見てみると。。
yokohamashi-kounanku-kounandai-k-wroughtIron-handmade4.jpg
夏場だからこそ活躍しているであろうシーリングファンが、なぜか停止中・・・
そしてなにやら風の動きを感じる床方向を見てみると。。
yokohamashi-kounanku-kounandai-k-wroughtIron-handmade5.jpg
そこには昭和テイストな扇風機が(笑)
これ、場所的にはシーリングファンが付いている吹き抜けのまんま真下の位置になります。
これだとせっかくのシーリングファンも役目を果たしていない事になってしまいますので、私一言申し上げさせて頂きました。

『あのさ、せっかくシーリングファン付いてるのに、扇風機使ってたら意味無くね?!』
セレブな奥様
『あ〜、シーファンね〜、そうなんですね〜』
私の心の声
『シーファンじゃなくて、シーリングファンだっつ〜の・・』
セレブな奥様
『シーファン廻してホコリ落ちてこないかなぁ〜、まぁいいや〜、スイッチオン♪』
私の心の声
『だからシーファンじゃなくて、シーリングファンだって言ってるじゃん・・』
セレブな奥様
『あ〜、シーファン廻したら、涼しいですね〜♪』
私の心の声
『その為に付けたんじゃんかさぁ・・・』
こんな会話がありました(笑)
こちらのお宅に関しては、実は以前にもこ〜んな会話があったんです。
まぁ、私もプランニング中からご主人と奥様のお相手をさせて頂いておりますから、もうはっきり言ってパターンは見切っています(笑)
しかし新築の頃から時間は経てど、やはり人は変わらないもんですね〜(笑)
その後は小学校高学年になった娘ちゃんの身長の伸び率が超早いって話をしたり、アイアンの出来が良いなんて話をしたりしてました。
でもこの位のお子さんの誰しもがそうとは限らないのですが、ちょっと前に見たお姉ちゃんは、あっという間に身長が伸びてました。
成長ってホントに早いですよね〜
おそらくあの日焼け具合と言い、あの身長の伸び率と言い、おそらく将来はモデルになるんじゃないかと話をしつつ、ロートアイアンの作業は終了!
yokohamashi-kounanku-kounandai-k-wroughtIron-handmade6.jpg
無事にデッキ+お庭と、カーポートスペースを隔てるロートアイアンのフェンスと扉が完成しました〜
外から見る分には、少々高めに見えますけれども、デッキ側から見る分には全然ちょうど良い高さ。
どちらの方から見ても、手掛け部分は高さを絶妙に設定してありますし、外からの進入をなるべく防止したいって要望もありましたので、ちょうど良いバランスに仕上げる事が出来ました!
ここまで時間にすると3時間ちょっとかな。。
やはり雨の予報だったにも関わらず、一切雨は振りませんでした!
デッキの手摺カットはついでの作業で、私の今日のお務めは雨を降らせない事と、セレブな奥様の話相手って感じですかね(笑)
yokohamashi-kounanku-kounandai-k-wroughtIron-handmade7.jpg
帰りにはおみやげまで頂いてしまったのですが、車に乗り込んでから『中尾さん、これ海苔。。』って頂いてしまったんです。
私も私で『あ〜、なんかすみませんね〜、気ぃ使わなくてもだいじょうぶなのに・・でも、ありがとうございます〜』って帰ってきた訳です。
やはりセレブな奥様は高島屋御用達でしたか・・
同じ港南台のでっかい家の奥様も、高島屋御用達だったもんなぁ・・

でもなんで海苔なんだろう・・・って、横浜横須賀道路を走っている最中に、ずっと考えておりました。
『海苔?ん〜、海苔・・でもなんで俺は海苔をもらえたんだろうか・・・』
と思って考え続ける事約15分。。
もしかしてこの事で海苔を頂けたのかなぁ。。と(笑)
自宅のご飯で海苔だんだんはどうなんだろう・・と考えつつ、せっかくなのでしばし家のご飯は茶碗じゃなくて、お弁当箱にしてご飯にする事としよう。。
とにもかくにも高級な海苔を頂いちゃいまして、ありがとうございます!
でも、ホントにお気遣いなく〜♪


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です