横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

注文住宅を建てて予算オーバー・・・新築費用で後悔しないおまとめ記事

 
WRITER
注文住宅を建てて予算オーバー・・・新築費用で後悔しないおまとめ記事
この記事を書いている人 - WRITER -

 

注文住宅を建てる時、予算と言うモノが誰にだってあります。

 

もちろん予算は守りたい。

 

でも要望も叶えたい。

 

誰しも同じ様に思いがありますよね。

 

あなたが注文住宅を建てる上で、予算オーバーになってしまうのか。

 

それとも納得の予算で、自分なりの注文住宅を建てるのか。

 

自然素材の注文住宅を専門としている中尾建築工房から、注文住宅の新築費用で後悔させないまとめ記事をご紹介させて頂きます。

 

1.なぜ予算オーバーになってしまうのか

なぜ予算オーバーになってしまうのか

 

新築の注文住宅を建てる際、あなたはどの様な注文をするのでしょうか。

 

注文住宅を建てる方で、多くの方はこの様な事をおっしゃいます。

 

建売住宅は何件か見たけど、やっぱり嫌だな・・・

 

そして注文住宅の扉を叩く事になります。

 

この際の心境とは、皆さんどの様な感じでしょうか。

 

現実的に可能なのか、それともなんとかなってしまうのか。

 

きっとあなたは不安になるかと思います。

 

では実際に建てた私たちの施主様は、どの様な思いがあったのでしょうか。

 

私たちの予算で注文住宅が建つのか?

 

こだわりの注文住宅を建てる事が出来るのか?

 

一度だけ建売の物件を見て回った時、我が家の希望する家が見つからず、「建てるしか無い」と思っていました

 

予算的に無理だろうけど、建売のえげつない営業にドン引きして、注文住宅にシフトした

 

デザインと予算

 

いくつか 戸建て住宅を見てきたが気に入らず 注文住宅を考えた

 

予算と理想とローンが組めるかの問題

 

そもそも、どんな家が良いのかわからないから職場の先輩に紹介してもらった

 

住宅展示場で「素敵な家だな」と感じても「坪単価70万」の表示に気後れしてしまう

建売の物件を見学するも、理想の家に出会えなくて悩んでいた

 

ハウスメーカーか工務店で建てるか迷っている時、土地を紹介して頂いた不動産会社の方(Mr.T)のお家に招待され とても良い家で惹かれたため

 

住んでいる賃貸マンションがせまいと感じて、家賃が10年前から変わらず割高になってきたこと

家族が住む器としては、もう小さいなと感じていた

 

8年程度前から、二世帯住宅を建てるか迷い、ネットで見つけた中尾建築工房へ相談してみた。

その後 転勤があり、6年も経過して、再度家を建てる事について、相談に伺った

 

 

この様に半数以上の方が、予算の事を気にしながら注文住宅の扉を開けている事が分かります。

 

私の経験値で、お話をさせて頂きましょう。

 

最初に建売住宅などを検討していた方は、特に予算を気にされる傾向があります。

 

予算に幅がある方ほど、建物のデザインやクオリティを気にされる傾向にあります。

 

ただし皆さん、予算に天井が無いと言う方は居らっしゃいません。

 

どんな方でも、必ず守りたい予算と言うモノがあるのです。

 

実は私が全てのクライアントに、最初にお伝えしている事があります。

 

どんな人にも守りたい予算があると思います。

 

そして叶えたい要望だって、注文住宅を建てるのだから必ずあると思います。

 

守りたい予算と、叶えたい要望の家の予算では。

 

そこにはかならず、開きがあります。

 

それがメルセデスベンツのAMGクラスになってしまうのか。

 

それとも日産のマーチで済むのか。

 

いずれにしても要望の詰まった家の額面を出して、そこから下げて行く事で満足度の高い家を建てましょう。

 

この様に、お話をさせて頂いています。

 

つまりこの差がある方ほど注文住宅を建てる上では、予算オーバーになりやすいと言う事が言えるのです。

 

では必ずしも予算内に収まれば良いのかと言えば、決してそうではないと思います。

 

そんな説明を次の章で説明させて頂きます。

 

2.バランスの取れた家になっているか

バランスの取れた家になっているか

 

予算オーバーを防ぐ為に、あなたはどの様な選択をするのでしょうか。

 

あなたの要望を形にするのが注文住宅になります。

 

ですからあなたの要望が、大きなポイントになる訳ですよね。

 

ただしポイントになってくるのが、全体的なバランスが取れているかと言う事です。

 

例えばこんな事を事例を出してみましょう。

 

僕はバスルームにはこだわりたいんだ。

 

だけど他の部分には全く興味が無いんだ。

 

この様なクライアントが居たとして、お風呂にこだわったとしましょうか。

 

まるでクレオパトラが入るお風呂の様です

 

まるでクレオパトラが入る、お風呂の様ですね(笑)

 

これ実際に販売されているバスタブです。

 

このバスタブを買う方が居るのすら、私には疑問になってしまいます。

 

私の記憶ではバスタブの商品代と、施工する工事代金の合計で1000万円くらいだっと思います。

 

このバスタブを選べるなら、後はどうでも良いかと言えば。

 

高級なバスタブにそぐわないキッチン

 

バスルーム以外はどうでも良いと言う事で、この様なキッチンだったらどうでしょうか。

 

どう考えても先ほどのバスタブに浸かる方が、このキッチンを使う方と同じ人物には思えないのです。

 

これがいわゆる、バランスです。

 

これは私だけが、違和感を感じるのでは無いかと思います。

 

この様なキッチンであれば、お風呂のグレードもこの程度のお風呂で良いかと思います。

 

安いユニットバスの実例

 

もう一回言います。

 

これがいわゆるバランスです。

 

少し大げさな載せ方をしておりますので、笑って頂けれるネタになれば幸いです。

 

注文住宅を建てる時、このバランスに気がつけなくなってしまう方が居ます。

 

例えばキッチンだけに、注力をし過ぎてしまったり。

 

そのせいで、周りの意匠の事に気が廻らなくなってしまったり。

 

そうなってしまうと要注意です。

 

バランスが取れない意匠になっているので、もう少し考えてみましょうか。

 

私の場合はこの様に説明をして、少しずつコストの調整を行う様にしています。

 

注文住宅で予算オーバーにしたくは無いのは、私にも充分に分かります。

 

ただしバランスも大切なポイントになりますから、設計者と共に考える事も必要だと言う事を覚えておいてください。

 

3.予算を重視し過ぎる傾向も良くはない

予算を重視し過ぎる傾向も良くはない

 

予算オーバーにならない為に、なんでもかんでも我慢、我慢は禁物だと思います。

 

画像の様においしそうなショートケーキがあったら、食べたくなるのが人間です。

 

特にスイーツ好きな女性の場合、そこを我慢するのはどうかと思います。

 

いわゆる別腹ですよね。

 

家の予算に、別腹と言う名の自己資金があったらどうでしょうか。

 

設備や素材を選ぶのが、少しは楽になるかと思います。

 

この様に少しは緩く考えてみるのも、悪くは無いと思います。

 

カツカツ過ぎる生活は、疲れが溜まるだけです。

 

また建てた後に後悔をしてしまう様では、それこそ注文住宅を建てた意味が無いと思います。

 

ですから後悔をしない為にも、柔軟に考える事も必要です。

 

柔軟に考える事で、少しの余裕が生まれてくるかもしれません。

 

ただし柔軟な考えを持つ為には、注文住宅を建てる依頼先が慌てさせない事がポイントです。

 

とにかく契約を重視するハウスメーカーや工務店の場合、慌てさせて着工に持って行ってしまう傾向があります。

 

その理由はこちらに書いてありますので、後ほどゆっくりお読みください。

 

 

この場合は考える時間がありませんので、結果的には高い買い物になりつつ。

 

後々になって、やっぱり後悔する家になってしまいます。

 

造り手の私たちから言わせて頂ければ、少しでも良いモノをリーズナブルに提供する努力はしています。

 

ですが無理なモノは無理ですし、ミラクル自体も早々はありません。

 

ましてや注文住宅を建てたら、そこに毎日住み続ける事になるのです。

 

慌てさせない依頼先を選ぶ事も、重要なポイントである事をしっかりと覚えておきましょう。

 

4.建てた後で後悔しない為に考えましょう

建てた後で後悔しない為に考えましょう

 

私は建てた後、施主の方にお会いする機会が多々あります。

 

ふらりと家を通り掛かって、居らっしゃれば挨拶もします。

 

もしくは路上で、ばったり会う機会もあります。

 

はたまた休日に沖釣りに出ていると、港で遭遇してしまう場面もあります。

 

そんな時には世間話もしますが、こんな話をします。

 

「家の方は、いかがですか?」

 

すると満足されている方はこの様におっしゃいます。

 

やっぱり色々と考えたけど、選んで良かった!

 

あの時、ゆっくり時間を取ってもらって良かった!

 

結果的には良い選択を出来て、後々後悔しないで済んだ!

 

この様にしっかりと考えて、後々になって後悔しない判断をした方は、満足されている方がほとんどです。

 

逆に予算を重視し過ぎた方は、どの様な事を仰られるでしょうか。

 

あの窓、本当は三つ並んで付くはずだったんですよね・・・

 

勧めてもらった設備、そこまで高くは無かったんですよね・・・

 

家の半分を普通の家、残りの半分を自然素材にとお願いしたけど。

毎日通るから、その差が歴然としてしまって・・・

いつか壁紙は剥がして、全部漆喰仕上げにしたいと思います!

 

この様にクレームとまではならないのですが、あまりにも予算を重視し過ぎた場合は、若干の後悔が出てしまいます。

 

予算オーバーになるのを守る為には、コストダウンは必要なのかもしれません。

 

ただし行き過ぎたコストダウンを選択する場合、プチ後悔が残る場合がある事も覚えておきたい要素と言えるでしょう。

 

参考までに私たちが建てた家に、住まわれている方の意見をまとめたコンテンツもございます。

 

 

あなたらしい注文住宅を建てる為に、参考にして頂ければ幸いです。

 

5.まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

注文住宅を建てて予算オーバーになってしまう方には、あなたのペースに合わせてくれなかったり。

 

あなたの事をサポートする依頼先で無い事が、原因だった事がご理解頂けたかと思います。

 

要望もあるし、予算だってある。

 

あなたが納得の注文住宅を建てれる為にも、ぜひ信頼の於ける注文住宅の依頼先を選んでください。

 

あなたの声をしっかり聞き入れる依頼先は、世の中にはたくさんあると思います。

 

あなたにとって理想の注文住宅に住める事を願っています。

 

もちろんあなたが注文住宅を神奈川県内で建てるのなら、中尾建築工房にもお声がけください。

 

ブログで書いてある通りの、嘘の無い家づくりをご提案差し上げたいと思います。

 

 


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です